チョコレートが犬にとって有害である理由

Chocolateチョコレートは犬にとって有害です。ただし、その危険性はチョコレートの種類や摂取量、犬の体格によって違います。チョコレートやカカオ製品を大量に摂取した場合は、死に至る場合もあります。

なぜチョコレートをあげてはダメ?

  • チョコレートにはテオブロミンという有毒成分が含まれています。人間はテオブロミンを簡単に代謝できますが、犬の代謝速度ははるかに遅く、その結果、蓄積し、体内の毒性量が上がります。
  • 大型犬は、体に害が出るまでの許容量は小型犬よりも多くなります。
  • 少量のチョコレートを食べてしまったとしても、おそらく嘔吐や下痢を伴う胃の不調で済みます。
  • テオブロミンを沢山摂取すると、筋肉の震え、けいれん発作、不整脈、内臓出血、心臓発作を引き起こす場合があります。テオブロミン中毒を起こし始めた時に見られる症状として激しく落ち着きがなくなります。

テオブロミン中毒の一般的な治療法は、摂取して2時間以内に嘔吐させることです。犬が大量のチョコレートを食べたかもしれないと心配な時、それが疑われる時、そして上記のような徴候が見られる時は、ただちに獣医師に連絡してください。

小型犬がチョコレートを1箱食べてしまった場合は、即刻、獣医師に連絡し、病院に向かってください。様子を見るようなことはしないでください。

チョコレートの種類によってテオブロミンの含有量が違います。 テオブロミンの含有量が最も多いのはココア、料理用チョコレート、ダークチョコレートで最も含有量が少ないのはミルクチョコレートとホワイトチョコレートです。量を問わず、ダークチョコレートやビターチョコレートを扱う時は、とにもかくにも注意してください。ダークチョコレートのテオブロミン含有量は多く、わずか少量を摂取しただけで犬には毒になります。たった30グラムのダークチョコレートでも、20キロの犬に毒となります。

言うまでもなく、ごほうびとしてチョコレートを絶対に与えないでください。 常に、ヘルシーなおやつとしてはおいしいヒルズのごはんやヒルズのトリーツをあげるか、あるいは、とにかくたくさんの愛情や関心を注いで、犬をほめてあげてください。

関連するペットケア情報