猫の熱中症の症状とは?暑い時の対策方法

所要時間:

※参照リンク先は英語になります。

あなたは夏の暑さが厳しい地域に住んでいますか。もしそうなら、エアコンがない場合、愛猫が熱中症にならないか心配でしょう。私が日中出かけている間に何が起こるかしら、猫は汗をかくかしら、それともじっと我慢するのかしら、と立て続けに心配が頭をよぎるかもしれません。

幸いなことに、猫を十分に涼しく過せるようにしてあげられる方法があります。

Cat drinks water from a bucket and licks his nose

猫には暑い都会の夏

気温が上がり始める頃、あなたが心配に思うより猫は快適に感じているかもしれません。というのも、ワシントンポストによると、猫の平均体温は39℃近くもあるからです。先祖が砂漠で進化してきた猫は、水分のほとんどを食物から得ることができます。

だからといって、猫は気温の高い家の中に閉じ込められても安全で快適だ、というわけではありません。猫は人間のように汗をかくことができません。その代わりに、冷たい場所に寝そべる、パンティングする(息切れのように浅く呼吸する)、冷たい水を飲むなどにより、絶えず熱を放出する必要があるのです。

いくつかの予防策を講じて、猫が家の中でちゃんと快適に過ごせるようにしてあげてください。

  • いたる所に水、水:夏には水が早く蒸発し、猫も家の中を歩き回る気になりませんから、家中のあちこちに冷たい水を入れたボウルを置くといいでしょう。家が二階建て以上なら、各階にボウルを置いてください。椅子の下や、日光とキャットフードから離れた場所にボウルを置けば、猫の気を引きやすいかもしれません。冷凍庫に一晩入れておいた空のボウルに朝、水を入れると、水を長く冷たいままにしておくのに役立ちます。
  • 手作りアイスパック:愛猫がゆったり過ごすのを好む場所に手作りアイスパックを置きましょう。暑くなった猫には、凍らせた水のボトルをタオルで包んで置いてあげれば、格好の昼寝の友になります(帰宅したら忘れずに冷凍庫に戻してください)。市販のアイスパックは、破裂したり漏れたりすると中の化学物質が猫に危険かもしれないので、目が届かないときに放置してはいけません。
  • カーテンを閉める:いくつかの部屋を暗くしておくと、日中に家の中に差し込む日光と熱の量を制限することができます。日よけをしておけば、猫が喜ぶだけでなく、足を踏み入れた瞬間にムッとした熱気に襲われることもなくなります。
  • 扇風機をつけっぱなしにする:適切な場所に小さな扇風機を1~2台設置すると、空気の循環に役立ち、猫を一日中涼しく過ごさせることができます。つけっぱなしにできない場合には、タイマーを使うのもいいでしょう。
  • 涼しい隠れ家を作ってあげる:猫は家具の下で涼むのが大好きなので、猫がリラックスして快適に眠れる空間をたっぷり確保してあげます。あるいは、キッチンテーブルにテーブルクロスを掛ければ、冷たいタイルや木の床の上に、風の通る猫の隠れ家ができあがるかもしれません。

安全のためのヒント

猫が涼しく過ごすためには、水と新鮮な空気が必要です。でも、多ければ多いほどいいというわけではありません。大きな水槽やプールには猫が近づけないようにしておかなければなりません。バスタブに水を張っておいたり、猫のための水を大きなバケツに入れておいてはいけません。猫が溺れる危険性があるからです。家にプールがあるなら、あなたが不在の時は必ず猫がそこに近づけないようにしておく必要があります。

窓を大きく開いたままにしておかないよう注意しなければなりません。猫が網戸を押し開けて逃げてしまったり、重い窓が突然猫の上に閉じてきたりすることがあるので、低い位置の窓や重い窓を開けたまま外出しないようにしてください。ただし、新鮮な空気を取り入れるために、ペットの届かない窓を一つ以上、少し開けておきます。小さな開いた窓を扇風機で塞いでおくのも、猫に良からぬ考えを思いつかせずに空気を循環させるのに役立ちます。

Orange cat lying on a blue tile floor sleeping.

猫の熱中症:前兆

涼しさを維持するのに役立つと思われることを全部やっていても、愛猫に熱中症は起こる可能性があります。猫の熱中症は、実はある品種では他の品種よりも起こりやすいのです。Preventive Vetによると、ペルシャなどの顔の平たい猫は、ほかの品種ほどうまくパンティングすることができないため、自然に体を冷やすことが難しく、熱中症になりやすいのだそうです。

過度のパンティング、速い心拍、落ち窪んだ眼、またはトイレに尿がほとんどあるいは全くない場合、脱水と熱中症を起こしている可能性があります。そんなときは、首と肩の間の皮膚をやさしくつまんで体水分量をチェックしてください。皮膚が「テント状」のままであったり平らな状態に戻るのが遅い場合、おそらく脱水しているので、すぐに動物病院に連れて行くことが重要です。重症にならないように静脈内輸液が必要になると思われます。

アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)は、顔が非常に平たい猫、高齢の猫、肥満の猫、または肺や心臓に問題がある猫の場合は熱中症について、より注意深く観察するよう推奨しています。覚えておくべき最も重要なことは、気温が上がってきたら、先を予測した行動と、鋭い観察を心がけておくこと。熱中症の症状にすぐに気付いて回復させることができるようにしておくことです。

筆者紹介

Chrissie Klinger

クリッシー・クリンガー

クリッシー・クリンガーは、2人の子供、夫、そしてペットと暮らしています。授業中やブログなどの執筆活動中を除いて、家族みんなで過ごす時間を楽しんでいます。飼い主とペットのアクティブで有意義な生活に役立つ記事の執筆に情熱を傾けています。

関連記事