愛猫にとっての、水の大切さ。

Orange tabby sitting behind tan couch next to lilac plant

現在我々人間と一緒に住み、心を満たしてくれる猫たちは、実は昔砂漠に住んでいた種から進化しています。これら猫の先祖と、我々が現在愛すべきペットとして飼っている猫たちとの間には異なる点が多くありますが、一つ変わっていない点は、現在我々が飼っている猫にも見られる「尿を凝縮する能力」です。また、多くの猫の場合、あまり多くの水分を欲しない、という点です。

なぜ、水を飲むことが大事なのでしょうか?
猫が持つ、尿を濃縮させることが出来る能力は、少量の水で生存出来るという能力に繋がります。しかし、これは理想的な状況ではありません。全ての猫は、生き続けるために十分な水の摂取量を必要としています。
少量の水しか消費しない猫は脱水症状になりやすく、そこから多様な症状へと繋がりやすいのです。十分に水を摂取していない猫の場合、尿路系の病気―腎臓病や、下部尿路系の病気になりやすいのです。膀胱の炎症は、よく見られる症状です。尿石が生じることもあります。これらは、尿道のつまりを起こしかねず、特に雄猫によく見られる症状です。愛猫が膀胱の問題を抱えることのないよう、十分な水を与えてあげてください。

関連するペットケア情報