猫の病気-食物アレルギーと食物不耐症

執筆:
所要時間:

食物アレルギーと食物不耐症

食物アレルギーも食物不耐症も、何らかの食物を摂取したことで起こる身体にとって望ましくない反応のことで、総称して食物有害反応と呼ばれることもあります。症状としては嘔吐や下痢などの消化器症状や皮膚症状、呼吸器症状がよく知られており、一般的にこのような反応に免疫系が関与しているものを食物アレルギー、そうではなく特定の成分を消化できないことで身体の不調をきたすものを食物不耐症と呼んでいます。

猫ではこれらの病気の報告が少なく、わかっていないことも多いですが、出ている症状が何らかの食物成分と関連があることが疑われる場合には、疑わしい成分が含まれる食事は避けなければなりません。

猫の食物アレルギーと食物不耐症 原因と特徴

食物アレルギーも食物不耐症も、文字通り特定の食物成分を摂取することが直接的な原因で発症します。猫が特定の食物に対してアレルギー反応を起こすようになるまでには、数か月から数年かかることがあり、いかなる年齢でも発症する可能性がありますが、比較的若い年齢で発症する傾向があるようです。アレルギー反応は主にタンパク質源に関連していることが最も多く、猫ではキャットフードに含まれるさまざまな肉類に対して反応することが多いといわれています。一方、食物不耐症は摂取した食物成分をうまく消化できないことが原因で起こる不調で、猫で代表的なものでは乳糖不耐症があります。乳糖は牛乳などに含まれる糖の一種で、猫ではそれを消化するための消化酵素の働きが弱いとされているため、猫が牛乳を飲むとお腹をこわしやすいと言われています。

食物:猫の食物アレルギーや食物不耐症の原因として多いのは、牛肉や乳製品、魚類といわれていますが、地域差や個体差もあります。また、穀物が原因になることもあります。

年齢:食物アレルギーと食物不耐症は、年齢に関係なく発生する可能性がありますが、猫では比較的若い年齢~中年齢での発症が多いようです。

品種、性差:シャム などの一部の猫種は、食物アレルギーの発症が多い傾向があるといわれています。性差は特に無いようです。

その健康トラブルは、もしかして食べ物が関係しているかも

猫が季節に関係なく頻繁に吐く、下痢をする、皮膚炎などの皮膚トラブルが起きる、毛づやが悪くなったり毛が抜けたりするといった場合、もしかすると食物が関連しているのかもしれません。食物アレルギーや食物不耐症の最も一般的な症状は、消化器の症状や皮膚の炎症ですが、そのほかにも、咳などの呼吸器症状が出ることもあります。食物アレルギーまたは食物不耐症の場合に見られる症状は以下の通りです。

  • 嘔吐や下痢
  • 痒みによって引っ掻いた跡や舐め壊したことによる脱毛
  • かさぶたを伴う皮膚炎や赤みのあるベタベタとした皮膚炎
  • 慢性的な耳のトラブル
  • 咳、喘鳴、くしゃみ
食物アレルギーと食物不耐性の一般的な兆候

注意:これらの症状は、食物アレルギーまたは食物不耐症に限らず、そのほかの別の病気でも見られることがあります。これらの症状に気付いたときは獣医師に相談するようにしてください。

栄養の重要性

食物アレルギーや食物不耐症のような食物に対する体質は、基本的に生涯続くものと考えて、原因となっている食物を避けることが治療の方針になります。より効率的、効果的に今後の食事内容を決定するためには、今までの食事歴を整理しておくことがとても重要です。

猫の食物アレルギーを診断する方法としては、まず症状から疑われるそのほかの疾患を除外した後、原因となりうる特定成分を含まないフードを一定期間与えて、症状が治まるかどうかを確認する除去食試験が最も実用的で正確です。この試験中の猫が口にする食物は、栄養バランスが取れていて、成分や添加物ができるだけ少ないものである必要があります。この期間中は、他のキャットフード、人間の食べ物、おやつ、噛むおもちゃなどをすべて遠ざけておくように注意してください。食物不耐症についても、疑わしい食物成分を避けるという基本的な考え方は同じです。

除去食試験に用いる食事は、個々の猫の状況に応じて選択されます。特定の肉類に対してアレルギー反応を起こす場合は、新奇タンパク質源、つまり猫にとって食べたことのない初めての、鴨肉や鹿肉などを含むフードが選択されるかもしれません。あるいは、複数の食物に対してアレルギーを起こすかもしれない場合には、特別に加工された加水分解タンパク質を含むフードを推奨されることもあります。今までの食事歴や猫の好みなどを含めて獣医師とよく相談した上で、愛猫にとって一番いいフードを選んでもらいましょう。

食物アレルギーについて、獣医師に尋ねておきたい質問:

  1. 猫の食物アレルギーを心配する場合、避けたほうがよい食べ物はありますか。
    • 人間の食べ物が猫の健康にどのような影響を与える可能性があるか尋ねてください。
  2. 食物アレルギーが疑われるうちの猫にお勧めのヒルズ プリスクリプション・ダイエット またはサイエンス・ダイエットキャットフードはどれですか。
    • 愛描の栄養面について、特に心配すべき事がないか尋ねましょう。
    • 勧められたフードの量と頻度を尋ねましょう。
    • 勧められたフードと一緒に与えることができるおやつについて相談してください。
  3. 愛描の症状が改善する兆候がみられまでに、どのくらいかかりますか。
  4. 食物アレルギーに関する説明書か資料をいただけませんか。
  5. 先生か病院に質問したいときは、どの方法(eメール/電話)が一番いいですか。
    • 経過観察のため次回の通院日を確認しておきましょう。

高橋智司

編集責任者: 高橋智司
アソシエイト ディレクター  獣医師
プロフェッショナル獣医学術部
日本ヒルズ・コルゲート株式会社

関連記事

関連商品