犬のおしっこのニオイ対策

執筆: ジーン・マリー・バウハウス
所要時間:

愛犬がカーペットで粗相してしまった経験をもつ飼い主さんは多いのではないでしょうか。トイレトレーニングを済ませた犬であってもアクシデントは起こりますし、おしっこのニオイはきちんと対処しておかないと、いつまでも残りやすいものです。カーペットからニオイを取る方法に悩んでいる方は、この記事で紹介する効果的な方法を試してみてくださいね。

どうして犬のおしっこは独特なニオイがする?

Chihuahua puppy looking up on a dog training pad.

犬のおしっこは独特なニオイですよね。しっかり消すにはにおいの成分を知る必要があります。ハンカー によると、犬の尿はホルモン、細菌、尿酸、アンモニアがブレンドされたニオイの強いカクテルです。中でもアンモニアは有毒物質でもあります。アンモニアは時間の経過とともに濃縮され、特有のにおいを放つメルカプタン(別名メタネチオール)という刺激性のガスに変換されます。市販されているアンモニアを含む洗浄剤を使う際には、用法・用量を守ることが重要です。また、おしっこの成分に適さない洗浄剤を使うと、シミを目立ったせたりにおいを悪化させたりする可能性もあるので注意しましょう。

カーペットから犬のおしっこのニオイを取る方法

カーペットについた犬のおしっこは手強い代物です。粗相に気づかず時間が経ってしまうと、カーペットの下の床まで染み込んでしまうこともあります。最近では汚れた部分のみはずして洗えるタイルカーペットもありますが、粗相を繰り返されるとニオイが残ってしまうことも少なくありません。カーペットのシミとおしっこのニオイを取る最善策は、シミの古さと粗相の回数によって違います。

粗相をしたときすぐに見つけたら

犬のトイレトレーニングの理想は、トイレシートの上でおしっこをすることです。もししつけが不十分でカーペットに粗相をしてしまった場合も、飼い主さんがその場にいればおしっこが染み込む前にきれいにできます。犬を叱らず素早く掃除をしましょう。まずは普通のパイル地のタオルより吸収性が優れているペーパータオルや、雑巾代わりの古いTシャツを使って水分を吸い取ります。次ににおいを吸着する働きがある重曹を撒き、20分間置いてから掃除機をかけて取り除きます。

最近のおしっこのシミ

カーペットに染み込んでしまったものの、まだこびりついてはいないおしっこのシミの対処法も紹介しましょう。ミセスクリーン は、家にあるペットに安全な材料でできる簡単な手作り洗浄液を試してみることを提案しています。

  • 水 1カップ
  • 蒸留ホワイトビネガー 1カップ
  • 重曹と3%過酸化水素 それぞれ1/4~1/2カップ

ペーパータオルなどでおしっこをできるだけ吸い取ってから、スプレーボトルに上記の材料を入れて混ぜ、粗相をした場所にたっぷりと吹きかけます。シミがすっかり乾いているときは、先に水で濡らしてシミを浮き上がらせてから洗浄液を吹きかけましょう。

掃除用ブラシやゴム手袋をはめた指でこすって、洗浄液をカーペットの中に浸透させます。数分間待ってから液を吸い取り、カーペットをできるだけ乾かしたら、重曹を撒いて残っているニオイを吸着させてから掃除機をかけます。

酢と重曹は食品にも使われるほど安全な材料です。おしっこがこびりつく前に取り除き、ニオイを中和するのに有効です。シミによく効く過酸化水素もペットに無害なのはもちろん、カーペットを傷めることもないので安心して使えます。過酸化水素の代わりに、比較的害の少ない酸素系漂白剤を使うのも一案です。ただし塩素系漂白剤はペットに有毒で、カーペットを傷めるおそれもあるため、絶対に使わないでください。シミ抜きをするときは、いずれの方法でも、必ず最初に目立たない場所で試してみてくださいね。カーペットの素材によっては変色や損傷の可能性があります。

こびりついたシミ

時間が経ってこびりついたおしっこのシミや、愛犬が何度も粗相を繰り返す場所には、おそらく手作り洗浄剤では歯が立ちません。このような場合にカーペットから犬のおしっこのニオイを取る方法は、酵素系のシミ抜き剤(ペットの粗相用)に頼りましょう。これらは、ペット用品店、ホームセンターのペット用品やお掃除用品売り場で取り扱われています。購入前に必ず製品ラベルをチェックして、無毒でペットに安全であることを確認してください。

酵素系のシミ抜き剤は、酵素が尿のアンモニアとタンパク質を分解することによって効果を発揮し、ニオイを中和します。通常、酵素系洗剤はすすぎが不要で、カーペット以外にもニオイが染みつきそうな家具、フローリング、その他のタイルなどにも安全に使うことができます。製品の使用方法の指示に従って使用しましょう。

ここまでの方法で効果がない場合

上記のどれも効果がなく、カーペットに付いた犬のおしっこのニオイが取れない場合は、最終手段としてカーペットをクリーニングする必要があるかもしれません。ハウスクリーニングのプロや専門のクリーニング店に依頼するほか、カーペット洗浄機をレンタルして自分でやる方法があります。カーペット洗浄機は広範囲を一気にきれいにできるので、犬のおしっこの掃除に頻繁に悩まされるなら、洗浄液よりも効率的。犬の頭数や粗相の回数、カーペットの面積によっては購入を検討するのも一案です。

ただし、注意点として、スチーム式クリーナーや熱を使う洗浄機は避けてください。キュートネス によれば、尿の染みに熱を加えるとカーペットの繊維におしっこに含まれる嫌なニオイのタンパク質を溶け込ませてしまうとか。掃除をしたつもりでいて、逆にニオイを定着させることになりかねません。

おしっこで汚れてしまった犬のクレートやベッドをきれいにする方法

おしっこにまつわるアクシデントが起こったとき、カーペットは無事でも、愛犬のベッドが被害に遭うこともあるでしょう。そんな時は以下の方法で犬のクレートやベッドからおしっこの汚れを取り除くことができます。

犬のクレート

  1. クレートの中のベッドやマットをすべて取り出します。
  2. クレートをバスタブに入れて水とペットに安全な洗剤を使ってよく洗い流しましょう。クレートのサイズが大きい場合は、庭に出して散水ホースで水をかけて洗うのも良い方法です。どちらも無理なときは、ペットに安全な洗浄液をクレートに吹きかけてから拭き取ります。
  3. クレート内の粗相を放置すると布製やプラスチック製の素材におしっこのにおいが染み込んでしまっていることがあります。クレートに酵素系洗剤を吹きかけてそのまま完全に乾かせばと頑固なニオイにも効果的です。

犬のベッド

愛犬のベッドが洗濯機で洗える素材で中に入るくらい小さいなら、付いているタグの指示に従って洗ってくださいね。熱湯の使用はニオイを定着させる可能性があるので避けましょう。ペットに安全な洗剤を使用し、さらに酢、酸素系漂白剤または酵素系洗剤を加えて洗うと、ニオイの中和とシミ抜きに役立ちます。

ベッドを洗濯機で洗えないときは、ドッグスターがすすめる以下の手順を試してみましょう。

  1. ベッドに取り外し可能なカバーが付いている場合は、カバーのみ洗濯表示のタグに従って洗います。
  2. カバーを洗っている間にベッドに掃除機をかけて、入り込んでいたペットの毛やふけを取り除きます。
  3. バスタブにぬるま湯を張ってペットにやさしい洗剤を加え、そこにベッドを浸けます。酢、酸素系漂白剤または酵素系洗剤を加えると、ニオイの中和とシミ抜きに役立ちます。ベッドをバスタブの中に入れ、洗剤が十分にしみ込み、泡立つようにしっかり押し洗いをします。
  4. バスタブのお湯を抜き、今度は清潔な水で満たしてベッドをすすぎます。洗剤が落ちるまで何度かすすぎを繰り返します。
  5. ベッドから余分な水を絞り出してから、外で日に当てて乾かします。

頻繁な粗相への対処法

もう子犬ではない愛犬が、トイレトレーニングの途中で足踏みして中々進まない場合は、ドッグトレーナーに相談してみましょう。また、もし家の中のあちらこちらで粗相をしてしまう場合は、獣医師の診察が必要かもしれません。犬の泌尿器系の問題は猫ほど多くありませんが、家の中で頻繁に粗相をするときは、実は身体的な健康問題が隠れていることもあります。粗相のことや、その他の目立った行動の変化があればすべて獣医師に伝えるようにします。少しでも判断に役立つ情報があることで早期発見にもつながりますし、治療計画を立てることにも役立ちます。

ペットを飼っていると、ニオイについては常に配慮することの一つですよね。中でもおしっこについては無視できない問題です。でも少し手間がかかる部分があるとはいえ、解決策を頭に入れておきましょう。ニオイに悩まされることなく、楽しくペットライフをお過ごしください!

筆者紹介

Jean Marie Bauhaus

ジーン・マリー・バウハウス

ペットが大好きなフリーのライター兼小説家。現在は夫とペットたちと共にオザークに暮らしている。モーニングコーヒーを飲みながら裏庭に来るさまざまな野生動物の観察をすることが楽しみな日課となっている。

関連記事

  • 災害からペットを守る。どう避難すべき?

    Dogs running "大きな災害が起こった場合、私たちはどのように愛するペットを守れるでしょうか? 災害が起こる前にいろいろな状況を考えて準備をしておくことは大切です。ここでは災害に備え何ができるか考えてみました。"
  • 聴導犬とは?聴導犬の仕事や犬種、必要な訓練

    聴導犬は耳の不自由な人のために、生活に必要な音を体にタッチするなど色々な動作を使って知らせてサポートしてくれる犬のことです。聴導犬の仕事や犬種、必要な訓練について紹介します。
  • 介助犬とは?介助犬の仕事や犬種、必要な訓練

    手や足の不自由な人のために、日常生活動作の介助や緊急時の対応をしてくれる、頼もしい介助犬。介助犬に適した犬種や介助犬になるために必要な訓練など、意外と知らない介助犬のことをご紹介します。
  • 盲導犬とは?盲導犬の仕事や犬種、必要な訓練

    目の不自由な方の安全を守り、歩行をサポートする役割がある盲導犬。向いている犬種や盲導犬になるために必要な訓練、意外と知らない盲導犬との関わり方などをご紹介します。