食事法はどんな方法がベスト?定時給餌法と自由採食法

執筆者:
所要時間:

愛猫への食餌の与え方。どのような方法が正しいのか、悩んでいませんか?たとえば、「置き餌にするべきだろうか?」と考えたことはないでしょうか?
今現在、あなたは愛猫にどのように食事を与えていますか?好きな時に食べられるようにしている?それとも食事の時間をきっちりと決めている?あるいはその組合せ?
ここではあなたの大切な家族である愛猫への食事法を3つご紹介します。それぞれの利点と欠点を読んで、給餌法について考えてみてください。

定時給餌法

Cat Eating

定時給餌法は、毎日決まった時間に食事を与える方法です。ドライフードもウェットフードもこの方法で与えることができます。

利点: 食事の摂取状況をきちんとモニターすることができますから、食欲に変化があった場合はすぐに気付くことができます。多頭飼育をしている家庭では、一頭の猫が他の猫の食事まで食べてしまい肥満になってしまうかもしれません。その一方で、他の猫は十分に食事をすることができず、栄養不良になってしまうというような問題が起こることもあるでしょう。そんな場合でも、この食事法なら全ての猫が邪魔されることなく食事をすることができます。

欠点: 決まった時間ではない時に、愛猫にフードをおねだりされることがあります。猫たちはある決まった時間にどれだけ食べるかを自分自身でコントロールすることができません。しかし、獣医師のアドバイスに従って適量を定時に与えていれば、愛猫は適切な量と栄養をきちんと摂取できるので安心です。

要点: コーネル大学猫健康センター(Cornell Feline Health Center)によれば、子猫は1日に3回食事を与える必要がありますが、成猫(およそ1歳以上)になってしまえば1日1回もしくは2回で十分なのだそうです。実際、ほとんどの猫は1日1回の給餌で満足することができます。「食事法を変える必要のある病気などに罹患しておらず、健康である限りは、成猫になれば1日1回の食事で十分である」とコーネル大学は報告しています。食事法を決める際にも必ず獣医師に相談するようにしてください。

多頭飼育では、静かで人の出入りが少ない環境を作ってあげます。さらに、その猫が気に入っている場所に自分専用の食事・水置き場を持つのが理想的、とネコの専門家は助言しています。なぜなら、猫は単独で食事をする動物だからです。食事をする時は1人になるのを好みます。

自由採食法

あなたは定時給餌法以外の方法を考えたことがありますか。もしかしたら、猫たちが自由に食餌をする自由採食法に疑問を感じているのではないですか。自由採食法であれば愛猫はいつでも食事をすることができます。とはいえウェットフードを丸一日放置するのはよくないので、この食事法ではドライフードしか使用することができないということを心に留めておいてください。愛猫が1日以上、ボウルにドライフードを残していると気付いた際は、食べ残しは捨て、常に新鮮なものを与えてください。

利点: 愛猫は自分のペースに合わせて1日に何度も少量ずつ食事をすることができます。

欠点: 自由採食は過食と肥満をもたらすことがあります。良し悪しにかかわらず、愛猫の食欲の変化に気付くことが難しくなります。また、多頭飼育の場合はそれぞれの猫がどれだけ食べているのかを把握することが困難になります。

要点:自由採食は正しく管理しなければ体重過多をもたらす可能性がありますが、体重と食事摂取量を考慮しながら管理することができる方法もあります。必ず1日に必要な食事量を正しく計るようにしてください。そしてフードを食べ切っても、翌日になるまでは足さないでください。そうすることで愛猫は、一度に全部ではなく、1日を通して少しずつ食べることを学びます。

もう一つの方法として、あらかじめ計量しておいたフードをフードパズルに入れて給餌することもいいアイデアでしょう。この方法では、愛猫の食事量と頻度をコントロールすることができます。猫の行動の専門家であるミケル・デルガードは米国の科学誌サイエンティフィック・アメリカン(Scientific American)とのインタビューで、ごほうびのためだけでなく、フードパズルを使って毎日猫に給餌をするのが好ましいと述べています。

「考えとしては二通りあります:一つにはフードパズルは猫の活動量を増加させ知的な刺激を提供する、ということです。二つには、猫は生まれつきのハンターなので、食事は本来自ら働いて得るものなのです。猫にネズミの入ったボウルを手渡してくれる人はいませんから」と、デルガードは語っています。

混合給餌法

White and orange cat with collar on eating out of metal bowl

混合給餌法は、1日1回以上のウェットフードの定量給餌とドライフードの自由採食を組合せる方法です。

利点: 混合給餌法によって、愛猫は自分のペースに合わせて1日に複数回、少量ずつ食事をすることができます。ウェットフードを給餌する際には、少なくとも部分的に愛猫の食欲をモニターすることができます。さらに愛猫はウェットフードとドライフードの両方の栄養的なメリットを得ることができます。

欠点: この方法は自由採食と同様、しばしば過食と肥満に繋がることがあるので、フード量をきちんと計る必要があります。ボウルが空になっても翌日までフードを足さないことが重要です。多頭飼育している場合、それぞれの猫の1日の食事摂取量を把握することは難しいため、自由採食法はどのような形であってもベストな給餌法とはいえないかもしれません。

要点:猫にとってウェットフードとドライフードにはそれぞれ利点と欠点があります。例えば、尿路疾患や腎臓病など特定の病状と診断された猫にとっては、水分が多く含まれているウェットフードの方がプラスになります。一方、ドライフードは歯の健康維持に適しており、保存が簡単です。

混合給餌法を試すのであれば、フードの獲得に対して愛猫が奮起するよう、ぜひフードパズルを使用してみてください。

多頭飼育の場合では、すべての猫が日々必要とする総カロリーを超える量の食事を与えるべきではありません。与えすぎてしまうと愛猫は体重過多になり、さまざまな健康問題を引き起こすリスクが高くなってしまいます。

どんな方法を選んだとしても、フードの量は毎日測り、愛猫がどれぐらい食べているかを把握してください。ヒルズの猫用製品の袋やウェブサイトの製品ページには1日に必要な給与量が記載されています。

注意しなければならないのは、記載されている給与量は目安だということ。愛猫のサイズ、活動量また健康問題によって必要給与量は異なります。愛猫の毎日の必要カロリー摂取量については獣医師と相談してください。

どの給餌法を選択した場合でも、あなたの大事な愛猫が幸せで健康的な生活を送ることができるよう、必要な栄養素を含む高品質のフードを選んであげましょう。

愛猫の体重管理や、食事の摂り方自体に悩んでいる場合、愛猫にとっての最適なプランを見つけるため、動物病院に連絡して獣医師と相談することをお勧めします。

執筆者のプロフィール

Kara Murphy

カーラ・マーフィー

ペンシルバニア州エリー在住のフリーライターさん。ゴールデンドゥードゥルのマディーと暮らしています。

関連記事