とっても重要!シニア猫のための健康診断

執筆: ジーン・マリー・バウハウス
所要時間:

猫は、高齢になっても見た目の変化が少なく、年齢を感じさせないほど今までと変わらず元気そうにみえることはよくあることです。連れて行くのも大変だったりすることもあって、つい動物病院へは足が遠のきがちになってしまうかもしれませんね。でも、加齢によって見た目ではわからない健康トラブルが潜んでいることもありますから、定期的な健康診断を受けることはとても重要です。

ネコと獣医さん

シニア猫のための健康診断は年2回が理想

猫は当然のことながら人間よりも早く年を取ります。その速度は、体重やライフスタイルなどの要素に依存するので猫によって異なりますが、一般的に猫は6歳頃までには中年に達し、10歳の時点で高齢の仲間入りをすると考えられています。7歳を迎えたら、年2回、高齢の猫向けの健康診断を受けて、高齢の猫がかかりやすい病気のチェックを始めることが推奨されます。6カ月に1回、血液検査を含めた健康診断を受けることで、早期発見の機会が増えます。病気の早期発見は、より早い段階から治療を開始でき、多くの場合で治療の効果が得られやすくなります。ときには猫の命を救うことさえあるのです。

高齢の猫に多い病気

猫はどの年齢でも病気にかかる可能性がありますが、歳をとることでなりやすい病気があります。Pet Health Network によると、最も多いのは慢性腎臓病で、高齢(15歳以上)の猫の10頭のうち3頭の猫にこの疾患がみられます。そのほかにも、高齢の猫に多い健康トラブルには以下のようなものがあります。

  • 甲状腺機能亢進症
  • 高血圧
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 腫瘍
  • 心臓や肝臓などの機能低下
  • 関節炎などの関節障害
  • 猫の認知症やその他の認知障害

猫の血液検査

通常、高齢の猫の健康診断には、上記のようなよく見られる病気を調べるための総合的な検査が含まれています。 一般的に、血液検査には、赤血球数や白血球数、血小板数を確認するため全血球数算定(CBC)と、各臓器の機能を調べたり、血糖値など確認するための血液生化学検査が含まれます。さらに獣医師は、腎機能や尿路感染、ある種の腫瘍や他の病気を検出するために尿検査をしたり、甲状腺機能を確認するための甲状腺ホルモンの検査をしたりもします。また、腎臓病のスクリーニングとして、対称性ジメチルアルギニン(SDMA)検査を行う場合もあります。Pet Health Network によると、この検査は、通常の腎臓のスクリーニング検査と比べて、数カ月~数年早く腎臓病を検出できる方法です。SDMA検査のおかげで、猫の腎臓に問題が見つかった場合に、早期から治療やケアを始めることで予後が各段に改善される可能性があります。

もし、病気が見つかったら

健康診断でもし何か病気が見つかったら、獣医師からその病気に関する説明をしっかり聞いて、治療や必要なケアについて確認しておきましょう。病気の内容や状態によっては、より頻繁に来院が必要になるかもしれませんし、食事内容の見直しが必要になることもあるかもしれません。獣医師は、治療の一環として 療法食 を与えるように指示することもあります。また、より猫が過ごしやすいように、環境についてもシニア向けに配慮することが必要です。たとえば、猫が関節炎になったりした場合には、猫のトイレを入口が低いものに交換して猫が入りやすくしたり、猫がお気に入りの日当たりの良い場所に行きやすくするためのステップを準備したりするなどがあります。猫が病気かどうかにはかかわらず、高齢の猫に日頃からしっかり目を配り、 体重や気分、行動またはトイレの様子に変化があった場合には、かかりつけの獣医師に相談することが重要です。ちょっとした変化であっても、なんらかの病気のサインである可能性もあります。獣医師の診察を次回の定期健診まで先延ばしにしないようにしましょう。

高齢でも、その年齢とは思えないほど健康で、病気知らずの猫さんもいるかもしれません。それでも定期的な健康診断は病気を早期発見し、健康寿命を延ばし、生活の質をより高めるために大いに役立ちます。半年に1回ですから、是非スケジュールに入れておいてください!

Contributor Bio

ジーン・マリー・バウハウス

ジーン・マリー・バウハウス

 

オクラホマ州タルサ在住のペットオーナーでもあるペットブロガー兼小説家。いつもペットたちに見守られながら執筆活動に勤しんでいる。

 

関連記事

関連商品