猫の尿路疾患と感染症:基本情報と栄養について

執筆:
所要時間:

猫下部尿路疾患とは

猫下部尿路疾患はFLUTDとも呼ばれ、猫の下部尿路(膀胱や尿道)に影響をおよぼす一連の異常や疾患のことをいいます。最も多い疾患として、猫の特発性膀胱炎(FIC)が挙げられます。FICの炎症を誘発する原因は多くの場合不明ですが、ストレスが主な要因であると考えられています。FLUTDは、尿路に結晶や尿石を形成する場合もあり、痛みを伴う数多くの病気の原因となります。最も多い結晶/尿石のタイプとして、ストルバイトとシュウ酸カルシウムの2つが挙げられます。FLUTDは、獣医師の診察を要する深刻な病気ではありますが、獣医師の治療と適切な栄養管理により回復させることができます。

FLUTDを知ることが大切な理由

不適切なところでの排尿は、下部尿路疾患(FLUTD)の猫で一番多く見られるいつもとは違う行動です。トイレ以外の場所で排尿してしまうという理由で、アメリカでは多くの猫が動物保護施設に持ち込まれています。不適切なところでの排尿は、しっかり治療しないと家庭における衛生状態や安全、また猫とペットオーナーの絆に悪影響を与えかねません。多くの場合、この問題は猫下部尿路疾患(FLUTD)が原因となっていますが、幸いなことに、治療が可能な病気です。

 important to understand FLUTD

尿路疾患の原因

FLUTDは多因子疾患です。猫の尿路疾患の原因はひとつではありません。獣医師は、FLUTDには様々な要素が関わっていることを熟知しています。詳細については、必ず獣医師に問い合わせるようにしましょう。
次のようなものがリスクファクターとして挙げられます。

  • 1歳以上である
  • 体重過剰で、運動不足である
  • 慢性腎臓病または尿路手術の既往歴がある
  • オスとメスとで疾患の罹患率は変わらないが、去勢されたオスの場合は、結晶や尿石によって生命にかかわる尿道閉塞のリスクが上がる

 

栄養面のリスク:
愛猫に給与するフードが、健康管理のために非常に大切ということはすでによくご存じだと思います。逆に、フードが不適切だと、尿路疾患(FLUTD)の発症につながりかねません。FLUTDになってしまうと、尿路内に結晶や尿石ができ、刺激や痛み、場合によっては閉塞を引き起こします。重症の場合は腎臓に損傷をもたらすこともあり、適切な治療を受けないと致命的なことになってしまう恐れさえあるのです。

  • カルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラルの量が多すぎるフードを給与すると、尿中に結晶が形成され、尿石が生じることがあります。
  • フードは、尿のpH、つまり酸性度に影響を与えます。ストルバイト結晶は酸性環境では形成されにくいため、健康な尿路を維持するためには尿が適度に酸性である必要があります。

 

家庭環境面のリスク:

  • 室内で飼っている
  • ペットを複数飼っている
  • ストレス:家にお客さんを迎えたり、他のペットとの葛藤があったり、休んだり隠れたりする場所が不足している場合に生じる
  • を十分に飲まないと、猫の尿路疾患のリスクが高まる可能性がある
  • ストレスは猫の尿路に影響を与え、痛みを伴う炎症を起こす場合がある
  • トイレを見ると排尿時の痛みを思い出し、トイレで排尿しなくなる場合がある

 

尿路疾患の兆候と症状

愛猫にFLUTDの兆候が見られる場合は、直ちに獣医師に連絡をしましょう。特に、愛猫が自由に排尿していない場合は、尿路閉塞が原因となっていることがあり、生命にかかわる恐れさえあります。すぐに獣医師に相談してください。

愛猫の膀胱に問題がある時の兆候

  • トイレ以外の場所で排尿する(不適切なところで排尿)
  • 排尿時に力んで苦しそうにしている
  • 排尿をコントロールできない
  • 排尿回数が増加している(尿は少量しか出ない)
  • 尿がピンク、濃い、または血尿である
  • 排尿しようとして痛みで鳴き叫んだり、うなったりする
  • 生殖器を舐める
  • 食欲が低下している
  • 元気がない、または普段の行動への関心が薄れている

 

治療:栄養管理の重要性

フードは、猫の健康と幸福に大きな影響を与えます。マグネシウム、リン、たんぱく質、カルシウムを多く含むキャットフードは、尿石の形成につながります。獣医師は、これらのミネラルの量を調整した、膀胱の健康によいキャットフードを給与することで、猫の尿路に形成された特定の尿石を溶かすことができると考えています。

バランスの取れた栄養は、アクティブで健康的なライフスタイルに欠かせません。愛猫の尿路に問題があると診断されたら、適切なフードを給与することが大切です。適切な栄養管理で、ミネラルレベルの調整、健康な尿pHの維持ができ、炎症を軽減して尿の問題を安全に解決できるようになるのです。正確な診断と治療については、必ず獣医師に相談し、愛猫の尿路の健康管理に最適なフードを勧めてもらいましょう。

FLUTDを管理するには、その他にも次のような方法が挙げられます。

  • 飲水量を増やす
    • 新鮮で清潔な水をいつでも飲めるようにする
    • ウェットフードや缶詰のキャットフードを給与することで、飲水量を増加させる
  • 一日にまとまった食事を1~2回ではなく、少量ずつ数回に分けて給与する
  • 環境ストレスを減らす
  • 家庭の中での変化や、他のペットとの葛藤がないか気を配る
    • 猫は環境にとても敏感なので、ストレスの元となる原因を減らすことは、特にFLUTDの猫にとって、よりよい暮らしを送るための大切なカギとなる

 

FLUTDが再発する可能性

尿路疾患は、潜在的に生涯にわたって付き合っていかなければならない病気です。尿路疾患の治療を受けた猫には、再発リスクが付きまといます。最高の治療を受けたとしても、兆候が表れたり定期的に症状がみられたりする場合があります。そのため、獣医師推奨の、尿の健康によいフードを継続して与え、病気を管理し、兆候や症状の再発がないか注意していくことが大切です。

獣医師への尿の健康に関する質問

  1. 尿の問題の原因は何でしょうか。短期的、長期的な治療の方法を教えてください。
    • ときどき起こるパターン化されていない尿の問題が、より深刻な問題の兆候であるかどうかを必ず確認しましょう。
    • その問題が、行動面、環境面、医療面のうちどの分野にあたるのかを尋ねましょう。
    • 栄養と水分摂取が猫の健康にどのような影響を与えるのかを確認しましょう。
  2. 治療の一環として栄養管理の改善を行うべきでしょうか。愛猫の膀胱の健康管理のために、ヒルズ プリスクリプション・ダイエット キャットフードはお勧めですか?
    • 複数の愛猫がいる場合はどうでしょう。すべての愛猫に同じフードを給与してもよいのでしょうか?
    • 栄養管理にはどのような効果があるのでしょうか?薬を飲ませるよりも療法食を給与した方がよい理由はなんでしょうか?
    • 栄養管理の改善で、尿関係の健康管理をすることの良い点と悪い点を教えてください。
  3. 尿の問題に関してはドライフードとウェットフードのどちらがよいでしょうか?その理由も教えてください。
    • ドライフードとウェットフードを混ぜて給与する場合は、どの療法食を混ぜても大丈夫か確認しましょう。
  4. 推奨されたフードはどのくらいの期間給与すればよいですか?
    • 療法食は、どのように愛猫の長期的な尿関係の健康管理に役立つかを確認しましょう。
  5. 獣医師(またはクリニック)にはどのように連絡(メール/電話)するのがベストでしょうか。
    • 再検診の予約が必要かどうかを尋ねましょう。
    • 確認や事前通知が送られるのかを確認しましょう。

関連記事