人間の食べ物が犬にはダメといわれる理由

執筆: ジーン・マリー・バウハウス
所要時間:

あのつぶらな瞳で見つめられ、ちょこんと手を乗せられると、ほんの少しだったら・・・と、ついおすそ分けしてしまうことがあるかもしれません。一般に、人間の食べ物を犬にはあげてはいけない、と言われていますが、それはなぜなのでしょうか。

たとえ食べて大丈夫でも、いいことではない!

確かに、食材として人の食べ物に用いられるものすべてが、犬にはダメということではありません。でも、人の食べ物として準備されたもの(食事)を犬に与えるのはよくありません。それは、犬の健康上の理由が大部分ですが、それだけではなく、犬のしつけという観点からも決していいことではありません。これらの理由を次にご紹介します。

消化不良を引き起こす可能性がある

キャセロール皿の後ろに黒と白の水玉模様のドレスを着た女性の隣に座っている犬消化器系というと、胃腸や肝臓、すい臓といった臓器のことを指しますが、これらは人も犬も同様に存在しています。ただし、これらの能力や働きは人と犬ですべて同じではないのです。典型的な人間の食べ物(食事)は、脂肪分が多すぎて、犬にはそれを適切に消化することができません。それを食べてしまうと、嘔吐や下痢、場合によっては膵炎のようなもっと深刻な病態につながってしまうこともあります。さらに人間の食べ物の多くは、犬の健康にとっては良くない量のナトリウム(塩分)も含んでいます。

犬にとって有毒な人間の食べ物もある

人間の食べ物には、犬にとっては有毒な成分を含んでいるものもあります。チョコレート、レーズン、ブドウ、マカデミアナッツ、アーモンド、タマネギ、ニンニクは、犬には有害な食べ物として知られているものです。どれも普通に売られているパンやお菓子などに入っていそうなものばかりですよね。入っていることを気づかずに犬に与えていたとしたら、それは知らず知らずのうちに犬の健康に良くないことをしていたということになります。また、加工食品には、ペットに極めて有害なキシリトールのような人工甘味料も含んでいることがあるので注意が必要です。

体重増加につながる可能性がある

時々一口か二口与えるぐらいで太ることはないだろう・・・、と思うかもしれませんが、人間からみてどれだけ少ない量だと思っていても、実はその一口二口が人間に換算した時にどのくらいの量になるかを聞いたら・・・、きっと驚くはずです。約9 kgの体重の犬にとって30g弱のチェダーチーズは、人間で言えば、なんとハンバーガー1.5個分のカロリーに相当します。ということは、数口食べるだけでも、太ってしまうのは容易に想像できるでしょう。体重の増加は、糖尿病や心臓病のような多くの健康問題につなが可能性があります。犬がおやつや人間の食べ物から摂取するカロリーは、1日摂取カロリーの8~10%以下でなければなりません。

好ましくない行動を助長する

犬に人間の食べ物を与えるのがダメな"もう一つ"の問題は、おねだり(要求)行動を強化してしまうことです。欲しがればもらえると解釈してしまうと、いつまでも要求するようになります。また、犬は、日常的に食卓から食べ物を与えられていると、テーブルやキッチンカウンターに置かれた食べ物を食べてもよいと判断するようになってしまいます。さらに、自分のフードを拒否し始めることもあります。

犬に健康的におやつをあげる方法とは

ハスキーがピクニックテーブルの上で鼻をのぞき、中央に座っている食べ物を見る犬におやつをあげるのに一番いい方法は、良質で健康に配慮された犬用おやつを選ぶこと。そして、1日に犬に必要なカロリーの計算の中に入れて、適切な量を守って与えることです。なお、人が食べる食材を犬にまったく与えてはいけない、というわけではありません。実際、適量であれば、犬のためにもなる人間の食べ物はたくさんあります。犬に人間の食べ物を与えるときに役立つガイドラインをご紹介しておきましょう。

  • 加工食品や調理済み食品を避ける:たとえ手料理であっても犬に有害な成分を含んでいる可能性があるので、塩を足していない卵、フルーツまたは塩をかけていない野菜一口など、単一成分の食材を与えるようにしてください。
  • カロリーを考慮する: まずは、愛犬に推奨される1日の摂取カロリーを獣医師に尋ねて把握しておきます。そして、おやつを与えるときは、それが何カロリーになるのかを確認し、どのくらいまでなら与えてもいいのかを理解してからにしましょう。
  • 飼い主自身も知識を深める: どんな食品が犬に有毒かを知って、犬には与えないようにすることはもちろん、そういった食品は犬が届かない所にしまいます。
  • 食卓から食べ物を与えないようにする: 人間の食べ物を与えるとしても、健康にいい物を一口だけ、犬用おやつを与えるときと同じように、つまりコマンドに従ったときやお行儀良くできたときのごほうびとして、与えるようにしましょう。そして、おねだりをしているときは与えないようにします。また、食べ物を得られるのはいつものフードボウルからだけ、と理解するように、与えるときは普段使っているフードボウルに入れるといいでしょう。

愛犬にベストなドッグフードを選ぶ重要性

一般的に、犬は食べる量を自分で調節することが得意ではありません。多くの犬は具合が悪くなるまで食べ続けてしまうので、飼い主が食事とカロリーをきちんと管理することが大切です。ライフステージに適した栄養的に完全でバランスのとれたドッグフードを与えることで、愛犬が健康でいるために必要な栄養素を確実に摂取することができます。愛犬を幸せに、元気一杯に保つには、(彼らのつぶらな瞳に負けないで)適切なドッグフードを適量与えるだけで十分なのです。

「腹八分目に医者いらず」とはよく言ったもので、健康を保つには人間も犬も適度な量にしておくのが一番ですね。欲しがるから、喜ぶから、これは犬も食べて大丈夫だから・・・と犬に与えることは簡単ですが、それが本当に犬のためになるのかよく考えてみましょう。より健康で、人間との暮らしに好ましい行動をとれる犬が、人間とより幸せに暮らしていける幸せな犬であるはずです。

 

Contributor Bio

ジャン・マリー・バウハウス

筆者紹介
ジーン・マリー・バウハウス

 

オクラホマ州タルサ在住のペットオーナーでもあるペットブロガー兼小説家。いつもペットたちに見守られながら執筆活動に勤しんでいる。

関連記事