犬はなでられるのが好き?

執筆: クリッシー・クリンガー
所要時間:

笑顔を振りまいて、しっぽを振り振りさせながら犬が近づいてきたら、思わずなでずにはいられませんよね。おそらく犬にとってなでられることは、好き、あるいは少なくとも許容していることには間違いなさそうですが、なでられる方法やスポット、タイミングには好みがあるようです。犬がなでてほしいタイミングに出すサインや、なでられている最中、なでられた後の仕草に込められた意味を理解することで、より犬と仲良くできるかもしれませんね。犬をなでることの背景にある科学を探ってみましょう。

フィールドペッティング家族の犬に座っている夏のドレスの女の赤ちゃん

犬をなでる前に・・

犬だって突然触られたらびっくりします。なでるときは、知らないワンちゃんや、よく知っているわんちゃん、まだ慣れない子犬に関わらず、犬がなでられることに対して受け入れ準備ができているかどうか、探ることが必要です。犬がなでてほしいと思っている場合、匂いを嗅いだ後、耳を後ろに下げたり、目を細めたり、口が半開きになったりなど、リラックスしている様子が見られます。また前足をかけてきたり、顎を乗せてきたりなど甘える仕草が見られることもあります。少し小刻みに動き始めたり、鼻を擦りつけてきたりしたなら、それは楽しいなでなでタイムの受入準備ができたことを知らせるサインです。

いきなり頭の上をなでるのではなく、まず肩や首のまわり、背中をなでてみましょう。最初のなでなでは、ゆっくりと、軽いマッサージのような感じで行います。尻尾や足先、口の周りなどは避け、顔周りや耳を乱暴に触ることは絶対にやめましょう。ほとんどの犬がそのような触れられ方を嫌います。犬と十分に打ち解けることができたら、別の場所をなでてみて、どのスポットをどんな風になでるのがお好みなのかを探ることができます。ひと通りなで終わったら、必ず「おしまい」のような一貫した言葉で締めくくるようにしましょう。望みのまま受け入れていると際限なくなでを要求するようになり、飛び跳ね続けたり、鼻を擦りつけようとしたり、押し倒したりするかもしれないからです。犬がそばから離れるようであれば、それは満足した合図なので、なでるの終わらせます。

犬に好かれるなで方とは

犬にも個性があるので、飼い主に限らずなでられるのが好きな子もいれば、そうでない場合もあります。それでも、犬はたいていの場合、なでられたりして飼い主さんとコミュニケーションをとるのが大好きです。Paws for Peopleによると、「穏やかで友好的なペットとの交流は、人と犬の双方にそれぞれ大きな恩恵があることがよく知られています(そして科学的にも証明されています)」。ただし、なでるときは、犬にとって好ましく、落ち着いて安心した気分になり、愛されていると感じるような方法で行うべきです。愛犬をなでる時間を毎日作ること、そして他の人がなでるときは、犬が好むやり方でなでてもらうようにすることが重要です。

新しい子犬を迎い入れたときは、他の犬や人に出会わせて社会化することもとても大切ですが、その前に、犬の性格や個性を理解して、犬の好きなことをよく知ることが大切です。怖がりな性格の場合には、知らない人に対する犬の不安を減らすために、愛犬にとってベストな近づき方やなで方を事前に人に伝えることができます。子犬だからといって、誰とでも仲良くなれるし、何でもさせてくれるということではありません。犬だって、親しくなれる人もいればそうでない場合もあること、家にいるときはお腹をなでられることが好きかもしれないけれど、外で見知らぬ人たちが周りにいるような環境ではイヤなことかもしれないということを理解してあげましょう。

好きな「スポット」を見つける

耳の後ろや額、顎の下などは、一般的に犬がなでられるのが好きな場所とされています。また、信頼している家族にはお腹を見せて、なでてほしいアピールをすることもあります。お腹は急所とされていますが、嫌がらなければ優しくなでてあげるとよいでしょう。お腹の特定の場所をなでると、時々足がバタバタと動いたのを見たことがある方もいるでしょう。Animal Planetは、それは不随意運動としての引っ掻き反射で、本来は体の表面についた虫を払い落としたりするための防衛反応だと説明しています。反射ですから、犬自体は特に何も感じているわけではないようです。その姿がおかしくてついその部分をなでたくなってしまうかもしれませんが、きっと犬としてはそのほかのなでスポットのほうをなでてほしいと思っていることでしょう。

犬をなでることは、人間と犬の双方にとって良いことであるのは間違いありません。でも、犬には犬の都合がありますから、犬を尊重してあげて、無理のない範囲から始めましょう。

Contributor Bio

クリスシー・クリンガー

クリッシー・クリンガー

クリッシー・クリンガーは、2人の子供、夫、そしてペットと暮らしています。授業中やブログなどの執筆活動中を除いて、家族みんなで過ごす時間を楽しんでいます。飼い主とペットのアクティブで有意義な生活に役立つ記事の執筆に情熱を傾けています。

関連記事

  • 犬の気持ちがわかる12の行動とは?食糞やあくび・穴掘りなどの意味

    犬の行動には意味があります。「犬語」が分からなくても犬の行動の原因を探ることは大切です。たとえば「噛む」という行動が深刻な問題になることもあります。行動に注意を払えば、問題を解決できるかもしれません。
  • 犬が飼い主の膝の上に乗りたがる理由:5つの可能性

    心地よいスペースがあるにもかかわらず、愛犬が飼い主の隣ではなく膝の上に乗りたがる理由と、座らせるのがお勧めの時、そうではない時をご説明します。
  • 子犬のトイレのトレーニング

    おうちの中で一緒に暮らし、トイレもおうちの中でするようにしつけたいご家庭が多いのではないでしょうか?そんなあなたに、子犬の頃からできるおうちでのトイレのトレーニング方法をご紹介します。
  • 子犬のあまがみどうしたらいいの?

    子犬はなぜ人をかんでしまうのでしょうか?子犬は興味があれば何でも噛んでみたいと思う動物です。「人をかんではいけない」と教えるための5つのステップをご紹介いたします。