痛がる愛犬に市販の痛み止め(鎮痛剤)を与えてはいけません

執筆: ジーン・マリー・バウハウス
所要時間:

※参照リンク先は英語になります。

愛犬が足を引きずっていることに気付いたとき、または明らかに痛みや不快感のためにクーン、クーンと鳴いているのを聞いたとき、あなたはきっと「痛みのあるこの子に何をしてあげられるだろうか」と自問自答したに違いありません。自分の薬箱にある市販の鎮痛薬をワンちゃんに与えたくなったこともあるかもしれません。でも、それは良いのでしょうか?続きを読んで、市販の鎮痛薬を愛犬に与えるのは事態を悪化させることになることを理解する必要があります。

Q:市販鎮痛薬を犬に与えても安全ですか?

Smooth Fox Terrier dog on couch under blanket and looking sad lonely.A: ほとんどの場合、答えはノーです。市販の鎮痛薬は一般に二つのカテゴリーに分けられます。その一つは非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)で、アスピリン、イブプロフェン、ナプロキセンなどがこれに含まれます。もう一つは、アセトアミノフェンで、これは風邪薬の成分としてもよく使われています。

NSAIDは、炎症を引き起こすプロスタグランジンの産生を担うシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害することにより、痛みの原因になっている炎症を抑えるように働きます。しかしながら、一定量のプロスタグランジンは、腎臓への適正な血流や正常な血液凝固といったいくつかの重要な身体機能の維持に必要です。プロスタグランジンの産生を阻害しすぎてしまった場合、犬の健康に対して悪影響を与えることになります。

アセトアミノフェンは炎症は抑えないで、痛みを減らす作用がありますが、毒性量を犬が摂取した場合、肝臓と腎臓を損傷することがあります。

Q:なぜこれらの医薬品は犬に有害なのですか?

A: 人の鎮痛薬を犬に与えるとなぜ危険なのかに関してはたくさんの理由があります。その一つは、正しい投与量を見定めるのが難しいので、過量投与になるリスクが大きすぎることです。加えて、NSAIDに敏感な犬もいて、その場合はたとえ投与量が正しくても問題が起こるおそれがあります。そのリスクは、犬が服用しているかもしれないコルチコステロイドのような他の医薬品や、消化器系の問題、肝臓病または腎臓病のようなある種の病態によっては増強することがあるのです。

Q: この種の医薬品を犬に与えるとどうなりますか?

A: 人の鎮痛薬を犬にうっかり過量投与した場合、または犬にそれらの医薬品に対する過敏症があった場合は、嘔吐、下痢、血便、食欲廃絶、腎臓または肝臓の損傷または機能不全、そして死に至ることさえ起こり得るのです。

Q: 犬にアスピリンを与えるべき例外的状況はありますか?

A: 場合によっては、獣医師が犬の痛みを和らげるために低用量アスピリンの使用を指示することがあります。その場合は獣医師の指示に注意深く従う必要があり、有効な最低用量を可能な限り短期間に限って与えるべきです、とペット雑誌Dogsterは言っています。いずれにしてもアスピリンを与えるのは、獣医師の直接の監督の下に限るべきでしょう。

Q: 痛みを和らげるために私は何を犬に与えられるのですか?

A: 人の鎮痛薬を使うのは人に限るべきですが、犬の疼痛管理専用の製剤もいくつかあります。犬用鎮痛薬には、カルプロフェン、フィロコキシブ、メロキシカムがあり、いずれも獣医師に処方してもらうことができます。

愛犬が苦しむ姿を見たくはないものです。できるだけ早く痛みを取り除いてあげたいと思うことでしょう。でも、あなたが愛犬の痛みにしてあげられる最善の方法は、獣医師に連絡することです。獣医師は、あなたの愛する犬の痛みを和らげるための一番良い一番安全な方法を教えてくれるはずです。

筆者紹介

Jean Marie Bauhaus

ジーン・マリー・バウハウス

オクラホマ州タルサ在住のペットブロガー、小説家。いつもふわふわのペットたちに見守られながら執筆活動に勤しんでいます。

関連記事

関連商品