1ヶ月目の子猫に最適な食事とは?

Published by
所要時間

離乳食を与えはじめる時期

離乳食を与えはじめる時期としては、乳歯が生える生後3週目頃が目安となります。6週目(1ヶ月半)~9週目で離乳期は完了します。その後は子猫(キトン)用フードと水に移行していきます。

 

離乳期には子猫用ミルクから、子猫(キトン)用フード(ドライフードやウェットフード)に切り替えていきます。子猫用ミルクの量を少しずつ減らし、代わりに子猫用フードと水の量を増やしていきます。一般的にはは6~9週目あたりで、ミルクを与えない食事内容になります。カリカリのドライフードを最初から好む子猫もいますが、食べ物だとすぐに認識してくれない子猫もいます。そのような場合には子猫用ミルクと併用したり、子猫用のウェットフードもお勧めです。また、ドライフードを水やお湯でふやかして与えるのもいいでしょう。

 

子猫の食事の体重あたりの適正エネルギー量は、成猫の約3倍です。しかしまだ胃が小さいので一度にたくさんの量を食べられません。高栄養の子猫(キトン)用フードを1日に3~5回に分けて与えましょう。なお、市販の人間用のベビーフードを子猫の離乳食として与えるのは絶対にやめましょう。子猫が必要とする栄養バランスとして最適ではありませんし、子猫の中毒発症のもとになるオニオンパウダー(タマネギ)を含んでいるものがあるからです。

関連記事