飼い主の90%が、
ペットの太り気味に
気づいていません

Dr. Ernie Ward, "2014年ペットの肥満アンケート" ペット肥満予防協会(2014年)
"2017年ペットの肥満に関する研究" ペット肥満予防協会"(2017年)

Hill’s Brand Horizon
チェックリストアイコン

減量への簡単ステップ

太り気味かどうか確認し、減量への取り組みを始めましょう。次の4つのステップをお試しください。

1

ペットを抱っこする

抱っこしながら肋骨を感じてみましょう。肋骨が感じられない場合は、ステップ2にお進みください。

2

体脂肪インデックスを測定する

ここをクリック して、ペットとマッチする画像を選択してください。BFI(体脂肪インデックス)が20を超えているまたは下回っている場合は、ステップ3にお進みください。

3

適切なフードを与える

ヒルズの体重管理用フードは、ペットの代謝に配慮したりカロリーを調整し、健康的な体重の実現に役立ちます

犬用猫用

ニュースレターのアイコン

ペットの減量成功まで継続的にサポートを受ける

ヒルズはペットとペットオーナーをあらゆるステップでサポートします。登録すると、減量のためのお役立ち情報をお届けします。

今すぐ登録

犬を抱き締める少年の写真
リスクアイコン

ほんの少しの体重増加でも大きなリスク

体重過剰のペットは、糖尿病、関節炎、がん、高血圧などの健康リスクに晒されています。それだけでなく、すぐ疲れるため身体を動かして毎日を楽しむことができません。 少しでも気になることがあれば、今日から対策を行いましょう。獣医師に相談して、フードを替えることを検討してみてください。

ハートのアイコンを共有する

たべよう愛情
へらそう体重

おやつやヒトの食べ物は、長期的に目に見える影響を与えます。
モトとプーチーニが元の生活を取り戻したストーリーをご覧ください。

動画をシェアしてペットの肥満に対する意識を高めましょう

電球アイコン

減量成功のヒント

次のヒントを参考にペットの減量をサポートすることで、愛情を伝えましょう。

人間の食べ物のアイコン

おやつに気をつけましょう

おやつの与えすぎやヒトの食べ物を与えることは、体重増加につながります。チーズわずか28グラムのカロリーは、食事一食分相当なのです。

運動アイコン

一緒に運動しましょう

ご自身の運動を、ペットとの遊びにしてみましょう。犬や猫と一緒に運動するためのヒントを参考にしてください。

おもちゃと骨のアイコン

おやつ以外の楽しみを与えましょう

おやつをあげるよりも、新しいおもちゃをあげたり遊びの時間をふやしたり、またたっぷり甘やかしてあげましょう。

記事アイコン

ヒルズ・ペットケアセンター

犬や猫の健康維持についての情報や記事については、ヒルズ・ペットケアセンターのサイトをご覧ください。


実証済みの減量用フード

10年以上にわたる研究を基に、ヒルズは食物繊維を独自にブレンドし、低脂肪・低カロリーな栄養により減量をサポート。本来の健康な代謝を維持します。
事実、ヒルズのフードで数百万のペットが減量に成功*。
*2016年以降全世界ヒルズ全体重管理関連製品売上データおよび体重・減量に関する調査結果に基づく(ヒルズ調べ)