暴れだしたいほどの不快感は、
おしっこが原因かも?



あなたの愛猫は、尿路疾患を持っていますか?

こんなことはありませんか?

• トイレ以外で「そそう」をすることがある。

• 頻繁にトイレに行く。

• 尿に血液が混じっている。

• 排尿しにくく、排尿時に痛がる。

愛猫がまるで怪獣のようにあちこちでおしっこをしてしまうのは、
愛猫が悪いのではありません!
もしかしたらおしっこが原因の不快感かも!?

猫下部尿路疾患(FLUTD)とは?


猫下部尿路疾患(FLUTD)は、猫の尿路に関する疾患の総称で、たとえば炎症性疾患や尿石症、尿道栓子など様々な病状が含まれます。尿石症としてはストルバイトとシュウ酸カルシウム尿石症が一般的ですが、猫の特発性膀胱炎(FIC)が最も一般的にみられます。

危険因子

  • ストレ ス:

    ストレスがFICの主要因子となる可能性があります。

  • 体重過多:

    体重過剰な猫はFLUTDを、より発症しやすいです。

  • 品種:

    FLUTDを発症しやすい品種として、ペルシャ猫など特定の品種が知られています。

  • フードの成分:

    特定のミネラル成分の濃度が高く、尿石の形成を促進するような内容のフードもあります。

  • 水分摂取の不足:

    水分摂取量が十分でない場合、尿が濃縮されやすく、尿石形成のリスクが高まります。

猫の特発性膀胱炎とは?

膀胱炎(特発性膀胱炎)は最も身近な、猫のおしっこの病気です。

原因が特定できない膀胱の炎症のことで、ストレスが主な原因の一つと言われています。そして膀胱炎にかかると、その痛みがさらにストレスを増強するなど悪循環が生じます。また、一旦治ったように見えても再発を繰り返すことも多いことが知られています。猫のおしっこの病気(FLUTD)の原因の実に約6割が特発性膀胱炎によるものです。


適切なフードを選ぶことは、なぜ大切なのですか?

あなたが選んだフードが、尿路の健康を維持するうえで重要な役目を果たします。

調整されたミネラル成分

マグネシウム、カルシウム、リンを適切量に調整することで、尿結晶や尿石症に配慮しています。

併発症も同時に管理

併発症状にも同時に対応し、より健康の維持に役立ちます。

最適な尿pH

ストルバイト尿石症の溶解管理に役立ちます。

適正体重

臨床的に証明されたレベルのL-カルニチンと、適切なレベルのたんぱく質や脂肪が配合されています。筋肉を維持しつつ、適正体重までの減量および、その後の体重維持に役立ちます。

オメガ-3脂肪酸

高いレベルのオメガ-3脂肪酸が配合されており、FLUTDにまつわる不快感に配慮しています。

独自の原材料配合

独自の原材料を組み合わせることで、愛猫の本来の活発な代謝を維持し、体脂肪の減少に役立ちます。

ストレスに配慮した成分

加水分解ミルクプロテインなど、ストレスに配慮した成分を含みます。

嗜好性

猫の好みを徹底的に研究し、おいしさを追求しています。

 

プリスクリプション・ダイエット™
<猫用> c/d™ マルチケア

 

 

プリスクリプション・ダイエット™
<猫用> c/d™ マルチケア コンフォート

 

 

プリスクリプション・ダイエット™
<猫用> メタボリックス™+ユリナリー

 

 

プリスクリプション・ダイエット™
<猫用> メタボリックス™+ユリナリー コンフォート

 

 

プリスクリプション・ダイエット™
<猫用> s/d™

 

給与に際しては、必ず獣医師の指示に従ってください。

ストレスは特発性膀胱炎の主な原因のひとつと言われています。
ご家庭でもできる猫のストレス解消方法。

 

 

 

 

 高い場所や気持ち良くくつろげるスペースを作りましょう。

 猫が安心していられる避難場所を用意しましょう。

 

 

 猫用のトイレは必ず清潔にし、十分な大きさのものを使いましょう。 (猫の体長の1.5倍以上)

 トイレは食事入れから離れた静かな場所に置きましょう。

 

 

 

 猫の良い行動をほめる。失敗しても叱らないようにしましょう。

 猫に爪とぎできるものを与えると、フェロモンを放出して満足します。

 

 

 肥満の猫は動いたりジャンプしたりできなくなるので、
太らせないよう注意しましょう。

 猫が活発に動けるように、玩具やグッズで遊べる場所を用意しましょう。

 

 室内飼いの猫は退屈しやすいので、
外の景色が見えるようにしましょう。

10  2匹以上の猫を飼っている場合はどの猫にも十分なフードと水、トイレ、安心できる場所をそれぞれに用意しましょう。

その他猫のストレス解消のヒント

お役立ち情報

ペットケアセンター