おいしく食べてムリなく減量*
サイエンス・ダイエット 減量サポート
*カロリー等の栄養情報は、製品パッケージをご参照ください

 

うちの子最近太り気味かも・・・?

 

体重について詳しくはこちらをクリック

 

 

サイエンス・ダイエット
減量サポート

 

70%のワンちゃんが10週以内に減量に成功*

*ヒルズ調べ

秘密は健康な代謝

肥満犬と肥満でない犬の遺伝子

発現の違いに着目して開発しています。

亜麻仁やココナッツオイルなど高
品質な食材を組み合わせました

もちろん、ワンちゃんが喜ぶおいしさにもこだわっています。

*イラストはイメージです。また粒はサイエンス・ダイエット減量サポート小粒のイメージです。

 

サイエンス・ダイエット<減量サポート>をビデオでチェック!

 

 

製品ラインアップ

 

サイエンス・ダイエット™ 減量サポート

超小粒 小型犬用 1.3kg/2.5kg

 

製品詳細はこちら

 

サイエンス・ダイエット™ 減量サポート

小粒 小型~中型犬用 1.3kg/2.5kg

 

製品詳細はこちら

 

サイエンス・ダイエット™ 減量サポート

中粒 中型犬用 2.5kg

 

製品詳細はこちら

 

 

体重は適正ですか?

 

 

あなたの愛犬は太ってはなく、毎日の生活も健康そのものに見えているかもしれません。しかし適正体重は大きさや犬種によって異なります。獣医師に相談すれば、愛犬の適正体重を教えてくれるでしょう。また適正体重を維持できているかどうか自分で調べることもできます。脇腹に手を当ててみてください。肋骨の感触が分かりにくい、さらにはまったくわからない場合は、過体重である可能性が高いといえます。

他にも、次のような兆候があります。

  • 腰のくびれがはっきりしない
  • 首輪がきつくなった
  • 歩行が困難
  • 動きが遅い
  • 息切れする
  • 怒りっぽい
  • よく眠るようになった

 

体重が増える原因

 

体重増加は、体脂肪が増加した結果です。この原因の多くは食べ過ぎです。さらに運動不足が重なっている場合もあります。もちろん、他の原因も考えられます。

 

加齢

高齢になるほど活動が鈍くなり、必要カロリーが減少します。健康のために、栄養を年齢に合わせて調整することが重要になります。

犬種

体重が増えやすい犬種があります。

避妊・去勢手術

手術によって基礎代謝と必要カロリーが低下することが、臨床研究によってわかっています。

内科疾患

ごくまれに、体重の増加が、特別な治療を要する内科疾患に関連していることがあります。

食事の与えすぎ

無制限に食事が食べられる環境にあると、当然のことながら必要以上に食べてしまいます。これには家族の食事をあげることも含まれます。

食べ過ぎ

多くの市販フードには塩分と脂肪分が加えられていますが、これは味を良くする一方で、暴食の原因にもなります。