あなたの愛犬は適正な体重ですか?
実は日本はペットの肥満大国!

WHOによると日本人の肥満率は世界でも低く約5%。
一方で日本のペットの肥満率は50%を超えるという調査結果*1が報告されています。
しかも、自分のペットの肥満に気付いている飼い主さんは10%程度とも*2
肥満は様々な健康リスクの原因にもなります。
あなたの愛犬は適正な体重を維持できているでしょうか?

*1 2016 APJTB, Usui et al; "Characteristics of obese or overweight dogs visiting private Japanese veterinary clinics"
*2 米国, 2014ペット肥満に関する調査結果

体重管理は
愛犬とあなたの未来のために

可愛くおねだりされて、ついついあげてしまうおやつ。クッキーたった1枚でも愛犬にとっては想像以上のカロリー量に。人間の食べ物に例えると、なんとハンバーガー1つと同じくらい。少しのおやつでも肥満の原因になってしまうのです。

欲しがっても我慢させることも飼い主さんの愛情です。愛犬が長く健康でいられるためにも最適なフードと与える量に気をつけてあげてください。

ワンちゃんが食べるおやつを、人間の摂取カロリーに換算すると?
 

*体重約9kgのワンちゃんを想定  *人は標準体型の女性を想定

ヒルズのサイエンス・ダイエットで、
ムリなく体重管理*3をしよう!

体型や年齢に合わせた豊富なラインアップ

・消化に良い高品質な原材料をバランス良く配合
・抗酸化成分で健康を維持し本来の免疫力を保つ
・ムリなく健康な体重維持をサポートする独自の体重管理向け配合*3

*3 カロリーや脂肪等を調整。詳細は各製品情報をご確認ください。

減量体験レポート
ムサシ君のダイエットチャレンジ!

日本最大級のペットメディア「PECO」に、ヒルズのサイエンス・ダイエット「減量サポート」で減量に挑んだムサシ君の日々が紹介されました。

去勢手術後に、食欲が増して肥満に。

去勢後に食欲が増した一方、運動量は激減。「兄弟犬と会う機会があり、体型の差にショックを受けてダイエットを決意しました」と飼い主さん。

 

フードを変えて10週間後、800グラム減。

サイエンス・ダイエットを食べ始めて変化は現れ始めました。
事実、60センチあった胸まわりは、なんと54センチに。

サイエンス・ダイエットなら続けられる

「特別なことはしていないので、私とムサシにぴったり。
このまま食べさせ続けます」とのこと。動きも軽快になったそうです。