ヒルズ プリスクリプション・ダイエット(特別療法食) <犬用> 腸内バイオーム 小粒 ドライ

取り扱いクリニック検索

  必ず獣医師の指導のもとに給与してください。

<犬用>腸内バイオームは、マイクロバイオーム(腸内細菌叢)を育み活性化するはじめて*1の特別療法食です。革新的*1なアクティブバイオーム+テクノロジー*2により 軟便の24時間以内の解消と再発防止をサポート。また、規則的で健康的な排便と健やかな消化器をサポートします。

小型犬にも食べやすい小粒タイプ。

製品サイズ:1kg / 3kg

*1: ヒルズにおいて

*2:アクティブバイオーム+テクノロジーは、 マイクロバイオーム(腸内フローラ)を育むヒルズ独自の繊維ブレンド

もっと見る

製品

  • 主な特長

    製品の特長:

    • 可溶性/不溶性繊維を最適なバランスで配合
    • 先進的なアクティブバイオーム+テクノロジー採用
    • オメガ-3脂肪酸(DHA & EPA)を高配合*

    *オメガ-3脂肪酸約2.8倍配合 (当社サイエンス・ダイエット〈プロ〉犬用【健康ガード活力】と比べて)


    ペットにとってのメリット:

    • 軟便の24時間以内の改善をサポート
    • 腸内の善玉菌を増やし、マイクロバイオーム(腸内フローラ)を改善
    • 消化機能のバランスを健康的に維持し、消化器の不調をケア

    その他の情報:

    ヒルズは、製品の酸化防止に自然派成分を使用しています。

    原産国名:アメリカ合衆国


  • 給与量の目安

    最適な体重を維持するために、与える分量を調整しましょう。

    • この食事量は開始時の目安です。愛犬が適正な体重を維持できるように、必要に応じて量を調節してください。詳しくは獣医師にお問い合わせください。
    • 獣医師の許可があれば、徐々に今までの食事を減らしながら新しい食事を増やして7日間ほどで切り替えます。
    • 常に新鮮な水を飲めるようにしておいてください。
    • 獣医師の指導のもとに給与してください。
    • サプリメントなどで他の栄養素を加えると、製品特性を損なう場合があります。
    • ほとんどの愛犬はすぐにプリスクリプション・ダイエットを食べ始めますが、すぐに食べない場合でも、愛犬の健康のため、根気よく給与してみてください。もし、どうしても食べない場合は、早めに獣医師にご相談ください。

    繊維/消化ケア

    体重 グラム / カップ
    2 kg 57 g / 0.7
    4 kg 95 g / 1.1
    6 kg 129 g / 1.6
    8 kg 160 g / 1.9
    10 kg 189 g / 2.3
    15 kg 256 g / 3.1
    20 kg 318 g / 3.8
    30 kg 431 g / 5.2
    40 kg 535 g / 6.4
    50 kg 632 g / 7.6
    代謝エネルギー100gあたり333kcal、200㏄カップ1杯は約83gです  

  • 原材料名

    原材料を徹底的に吟味し、高品質なたんぱく質を使用しています。

    大麦、米、コーングルテン、トウモロコシ、オート麦、ピーカンナッツ殻パウダー、チキン、チキンエキス、セルロース、動物性油脂、亜麻仁、ビートパルプ、ポークエキス、柑橘類、植物性油脂、魚油、クランベリー、カボチャ、ショウガ、サイリウム、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、乳酸、アミノ酸類(スレオニン、タウリン、トリプトファン、リジン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

  • 成分

    臨床的に証明された栄養バランスで、ペットの長く健康な一生をサポートします。

    成分 乾物量分析値(%)
    たんぱく質 20.9
    脂質 12.5
    粗繊維 7.2
    炭水化物(NFE) 52.2
    カルシウム 1.18
    リン 0.68
    ナトリウム 0.39
    カリウム 0.99
    マグネシウム 0.099
    ビタミンC 118 ppm
    ビタミンE 968 IU/kg
    DHA 0.175
    EPA 0.260
    オメガ‐3脂肪酸 1.40
    オメガ‐6脂肪酸 3.29

    参照

    乾物量分析値は、乾燥状態で計算したものです。製品の水分含量による違いを除外して栄養成分を比較できます。