日本

製品情報

はじめての子猫

はじめが肝心。しっかりと駆除する。 ノミの駆除は最初が肝心。初めて動物病院に連れて行ったときにチェックしてもらい、もしノミがいるようだったら、また対処したほうがよさそうであれば、ノミ駆除+予防プログラムをたててもらうようにしましょう。動物病院で処方してもらえる背中にポトンと液体を落とすタイプの薬で猫の身体にいるノミの退治や予防は可能です。一度、ノミが発生してしまうと、そのノミが生んだ卵は家の中で成長します。幼虫は部屋のホコリなどをエサにしています。猫のベッドだけでなく、部屋中の掃除をしっかりしないと、またすぐノミが発生してしまうことになります。ノミは刺されて痒いだけではなく、瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)という寄生虫を媒介しますし、少量の寄生であってもノミの唾液によってひどい皮膚炎(ノミアレルギー性皮膚炎)を引き起こす原因になります。またノミは猫や犬のように人の体に居続けることはありませんが、人も刺されます。そのため駆除や予防は定期的に行わないといけない場合もあります。当然、猫が外出すれば、ノミをもらってくるかもしれません。ノミ発生の予防の意味でも猫を外に出すことはやめましょう。

  • 設問へ戻る