トイプードルの毛色と種類

トイプードルの毛色と種類 01 :
ティーカップもトイプードル

トイプードルの毛色と種類

トイプードルとは、プードルの中で1番小さなサイズを指します。JKCはプードルを4サイズに分けていますが、体高45~60cmの大きなスタンダードプードル、体高35~45cmの中型のミディアムプードル、体高28~35cmの小柄なミニチュアプードルに続いて、体高28cm以下の小さなトイプードルが設定されています。日本ではスタンダードおよびトイプードルがメジャーなわりには、ミディアムとミニチュアの存在はあまり知られていないかもしれませんね。
体高28cm以下はすべてトイプードルですから、トイプードルと一口にいっても、ボディサイズの幅が広いです。近年人気のティーカッププードルも、実はトイプードルに属します。つまり、ティーカッププードルという血統書はなく、ドッグショー会場などでもティーカッププードル部門はありません。
トイプードルにかぎらず、プードルの魅力のひとつは多様なボディサイズ。トイプードルとかティーカッププードルといった名前にとらわれず、我が家の環境にマッチしたサイズのプードルと出会いたいものです。

トイプードルの毛色と種類 02 :
トイプードルの毛色バリエ

もうひとつ、トイプードルの外貌の魅力は、多彩な毛色です。単色であれば、すべての色が認められています。従来より人気が高いのは、真っ白なホワイト トイプードルと、真っ黒なブラック トイプードルで、トイプードルの代表的な毛色といえるでしょう。トイプードルの人気が高まってからは、そこにアプリコットトイプードルやレッドトイプードルといったブラウン系の毛色カラーが加わり、今ではトイプードルのブラウン、レッド、アプリコットといえば3大人気カラーといえます。
子犬のうちはブラックとの見分けがつきにくいグレーやシルバー、うっすらと色づいたクリームやシルバー・ベージュ、ブラウンより若干薄いカフェ・オ・レなど、同色でも濃淡があり、その絶妙な色合いがトイプードルを人気犬種たらしめている魅力のひとつでしょう。
なお、JKCでは公認されていませんが、2色以上の毛色が混ざったトイプードルも存在します。

ページの先頭へ