トイプードルのしつけ方、育て方

トイプードルのしつけ方、育て方 01 :
しつけ簡単のトイプードル

トイプードルのしつけ方、育て方

賢さが魅力のトイプードルですから、育て方の大きな悩みはあまり聞かれません。子犬期のトイレトレーニングや基本的なしつけも、驚くほどすばやく飲み込み、易々とやってのけるでしょう。
非常に従順な性格なので、飼い主に対して威嚇するような悩みも、あまり聞かれません。ただ、利口であるがゆえに、相手を見て上手に立ち回り、ワガママを通すことがあります。ワガママが高じて、吠えグセがついてしまうことがあるので、吠えるトイプードルにしないためにも、ダメなことはダメと飼い主の意思をしっかりと通すようにしましょう。
敏感ゆえに、慎重すぎる性格のトイプードルが時折見られます。人間社会にうまく溶けこんで穏やかに暮らせるよう、子犬の頃から多様な社会に慣れることが大切です。多くの犬や人と触れあって、オープンマインドな性格のトイプードルに育て上げるとよいでしょう。

トイプードルのしつけ方、育て方 02 :
触られ上手なトイプードルに

トイプードルは、まめなボディケアを要する犬種です。子犬の頃から、体のどこを触っても嫌がらないよう徐々に慣らすことが、トイプードルの育て方の大切なコツです。
遊びながらたくさんスキンシップをとる中で、優しくブラシを当てて、グルーミングの練習を始めます。爪切りや歯みがきなどのボディケアも、最初はツールを用いず、手で優しく触ったり、抵抗感をもたせずに口の中に手を入れるところからスタートします。爪切りバサミや歯ブラシは、足先やマズル、口の中を触られることに抵抗がなくなってから用います。
触られ上手なトイプードルとは、多彩なカットスタイルや、TPOに合ったおしゃれなどを大いに楽しみながら暮らせるでしょう。

トイプードルのしつけ方、育て方 03 :
トイプードルの毛色と性格

トイプードルは、毛色によって性質の違いが見られる点が挙げられます。例えば、もっとも体臭が少ないといわれるホワイトのトイプードルは甘えん坊で、ブラックのトイプードルはやんちゃ、ブラウン系のトイプードルはマイペースといわれます。
もちろん性質や性格は個体差があり、あくまで傾向ですが、トイプードルのしつけのうえで参考にはなるかもしれません。

ページの先頭へ