ダックスフンドのしつけ方、育て方

ダックスフンドのしつけ方、育て方 01 :
多頭飼い向きのダックス

ダックスフンドのしつけ方、育て方

ミニチュアダックスフンドを育てるときは、犬種の歴史や特性を頭に入れておくとよいでしょう。ミニチュアダックスは、小型犬ではありますが、猟犬の気質を強く残していて、いわゆる抱き犬ではないからです。
猟犬ですから、仲間と群れて暮らすことは上手で、多頭飼いにも向いています。基本的に、ダックスフンドは友好的な性格で、度胸も適応性もあるので、ほかの犬や人とうまく過ごせます。
ただし、独立心が強く、また仲間意識も高いです。少々神経質なところもあります。とくに臆病な性格のダックスでは、臆病さの裏返しで、見知らぬ相手に対して吠えたり、攻撃性を見せたりしてしまいます。小型のミニチュアダックスフンドといえども、本気になると攻撃力があるので、愛犬の性格によっては、少々注意が必要です。
臆病さのあるダックスは、子犬の頃から多くの犬や人と接して、社会性を身につけさせるとよいでしょう。適切な育て方により、ダックスは、理想的な家族の一員となります。

ダックスフンドのしつけ方、育て方 02 :
ダックスの無駄吠えのしつけ

しつけで気をつけたいのは、ミニチュアダックスの無駄吠えです。猟犬の特性で、ダックスはものごとを吠えて知らせる性質があり、しかも周囲によく通る大きな吠え声をもっています。多頭飼いでは、集団パワーで吠え声がいっそう増し、飼い主を悩ませることがあります。
吠え癖のついてしまったダックスに対し、むやみに叱るのは効果的ではありません。吠える理由や状況を分析し、環境を改善しながら、的確なしつけを施していくことです。ダックスは頑固な一面があるので、プロのドッグトレーナーに相談し、愛犬のミニチュアダックスフンドに合ったしつけの指導を仰ぐのもよいでしょう。

ダックスフンドのしつけ方、育て方 03 :
ダックスのトイレトレーニング

ダックスフンドは、トイレのしつけに手を焼くかもしれません。ダックスフンドの子犬を迎えたら、さっそくトイレのしつけを始めましょう。時間はかかるかもしれませんが、効果的なトイレのしつけ方法はいくつかあるので、愛犬に伝わりやすい方法を模索しましょう。

ページの先頭へ