コーギーの飼い方

コーギーの飼い方 01 :
運動欲の高いコーギー

コーギーの飼い方

ウェルシュコーギーの飼い方で、もっとも配慮したいのは運動です。コーギーは運動欲が高いうえに、スタミナもある、非常に活発な犬です。疲れ知らずで、1日中でも走り回れる、頑丈な体の持ち主でもあります。毎日のたっぷりの散歩が、コーギーの心身の満足をもたらします。つまり、運動不足は、ストレスのもとなのです。
具体的には、コーギーの日々の散歩は長めに行い、ドッグランでの自由運動など、思いきり走り回る時間をまめに用意してあげます。コーギーは訓練性が高いので、ルールを教えて、さまざまなゲームを楽しむこともできます。ドッグスポーツの優秀なアスリートとしても期待できます。一緒に競技会に参加することで、絆もより深まるでしょう。運動量のコントロールは、コーギーの飼い方における最大のポイントです。
ただし、成長期の過度な運動は、骨の変形につながる可能性があるので注意が必要です。

コーギーの飼い方 02 :
コーギーの理想的な飼い方

コーギーにかぎらず、犬は室内飼いで、家族とともに生活する飼い方がもっとも理想的です。
しかし、コーギーは家の中でおとなしく過ごすタイプではありません。寒暖の厳しい環境でなければ、タフで活発なコーギーは外飼いも可能です。テリトリー意識があるので、番犬としても活躍できるはずです。
しかし、コーギーに運動制限は禁物です。繋ぎ飼いは、絶対にオススメできません。強いストレスから、吠え癖や噛み癖を現すかもしれません。コーギーは、たとえ外飼いであっても、自由運動ができて、家族と豊かなコミュニケーションを保てる飼い方が必要です。
屋内と屋外を自由に往来できる飼い方が、コーギーには理想的でしょう。

コーギーの飼い方 03 :
コーギーの被毛のお手入れ

コーギーのボディケアは、それほど手間ではありません。トリミングも、基本的には必要ありません。日々のお手入れは、週に1~2回のブラッシングで十分です。ただし、換毛期、コーギーの抜け毛が多くなる時期には、毎日1回ブラッシングをすることで、コーギーの抜け毛を除去し、新陳代謝を促します。

ページの先頭へ