チワワの毛色と種類

チワワの毛色と種類 01 :
スムースとロングのチワワ

チワワの毛色と種類

チワワの種類は、その毛質により2種類に大別できます。なめらかな短毛のスムースチワワ(スムースコート、あるいはスムースヘアード、ショートヘアード)と、やわらかい長毛のロングチワワ(ロングコート、あるいはロングヘアード)です。被毛の違いによる、体格や気質の違いは見られません。

日本ではロングコートチワワの人気が、比較的高いようですが、チワワロングはその昔、アメリカでスムースチワワとパピヨン、ポメラニアンなどを交配させて作りだしたという経緯があり、アメリカではスムースチワワの方が依然ポピュラーなようです。

チワワの毛色と種類 02 :
色とりどりのチワワの毛色

コンパニオン犬のチワワは、猟犬や使役犬のように「この色でなければ役に立たない」と毛色を限定されることはありませんでした。そのため、基本的にすべての毛色が認められ、ベースカラーと班の組み合わせを考えると、チワワの被毛カラーのバリエーションは本当に豊富です。

単色だけでも、ブラック、レッド、チョコ、フォーンといったベーシックな色のチワワから、ホワイト、クリームなどの薄めの毛色のチワワ、ブルー、イザベラといったレアカラーのチワワまで、実に多彩です。

さらに2色の組み合わせのトライカラーのチワワ、3色以上が入るパーティーカラーのチワワもいて、まさに十人十色。チワワの人気カラーとしてはチョコ&クリーム、レッド&ホワイト、セーブル&クリーム、ブラック&ホワイト、最近ではブルー&フォーンのチワワなどが挙げられます。なお、スムースチワワとロングチワワによって、人気カラーの傾向は若干異なります。

両目の上に眉のようなマーク(タンマーキング)が入るチワワのタンカラーも人気です。チョコタン(チョコレート タン)のチワワ、ブラックタン(とくにスムースチワワのブラックタン)のチワワなどは広く好まれています。

そのほか、日本ではあまり多く見かけませんが、全身にまだらのさし毛が入るブリンドルカラーのチワワや、くっきりとした柄が入るスポットのチワワなども認められています。

ページの先頭へ