子猫の種類について

子猫の種類について :
種類や性別から検討する

子猫の種類について

猫の種類はおよそ40~60種と、犬に比べるとかなり少ないです。純血種はそうでないものに比べ、性格や運動量の見当がつけやすいかもしれません。
しかし猫の性格や運動量を把握するためには、猫種だけでなく性別や外観も、良い道しるべになります。

まずオスは活発で外向的、メスは温和で内向的な傾向があります。丸顔の猫はおっとり型が多く、三角顔の猫は活発な猫が多いようです。アメリカンショートヘアーのような四角い顔は、その中間でしょう。
それから、ロングヘアーの猫はわりとおっとり、ショートヘアーの猫は活発な性格を持つ猫が多いといわれます。なお、ロングヘアーの猫は、毎日のブラッシングや抜け毛処理、シャンプーといった被毛の手入れに手間がかかるでしょうが、ショートヘアーの猫ならそれほど手間はいりません。

もっとも大切なのはあなたとの相性や生活スタイルに合った子猫を選ぶことです。

子猫の種類について :
個性を楽しみながら選ぶ

その上で、好みの容姿を選ぶのは、子猫選びの楽しみのひとつです。子猫の色と模様の種類は、主に単色、しま模様、ぶち模様に分けられます。単色では、ブラック、ホワイト、ブルー、レッド、クリーム、フォーンなどの毛色の子猫がいます。

しま模様(タビーと呼ぶ)では、きれいな縦のしま模様のマッカレルタビー(レッドマッカレルタビー:茶トラ、ブラウンマッカレルタビー:キジトラ、シルバーマッカレルタビー:サバトラなど)、模様の一部が渦を巻いているクラシックタビー(日本語では「雲形」と呼ばれます)、しま模様が斑点状になっているスポテッドタビーなどがあります。

ぶちでは、ブラックとレッドにホワイトが入るキャリコ(三毛猫)、ホワイトを地とする2色のバイカラー(二毛猫)、ブラックとレッドが細かく混じりあうトータシェル(サビ猫)などがあります。

ほかにも、シャムやヒマラヤンにみられるような、顔、耳、四肢、しっぽに色がつくポインテッドカラーなど、特徴的な毛の色がいろいろあり、子猫選びを楽しいものにしてくれます。

体型の種類も、胴が短くしっかりしたコビーから、細くしなやかなオリエンタルタイプまで、いくつかパターンがあります。丸形やアーモンド形といった目の形や、ブルー、グリーン、カッパー、ゴールドといった目の色も、猫種によっていろいろです。
こうしたことを踏まえ、どんな子猫を求めたらいいか検討してみましょう。

監修 : 水越美奈 - 日本獣医生命科学大学獣医学部

ページの先頭へ