子猫のしつけ方について

子猫のしつけ方について :
子猫のしつけ

子猫のしつけ方について

子猫の学習のしかたは基本的に人や犬と同じです。その行動の後に自分にとって良いことがあれば、その行動をますますやるようになります。しかし子猫のトイレのしつけは犬のように教えなくても、出来るようになることがほとんどです。これは猫の排泄の習性に従っているからです。

猫は習性として、排泄するときにはある程度広い場所で、土を掘って排泄をし、排泄物に土をかけて埋めます。これが満足にできるような場所を与えれば、子猫は自ずと適切に排泄をしてくれるようになります。つまり、ある程度の大きさがある箱に、掘って埋められるような素材(=猫砂)を入れて子猫の生活場所に置いておけばよいのです。その場所の近くに子猫が間違えやすい場所、例えばプランターや観葉植物などがあると、その土の上を排泄場所と考えてしまうこともあります。子猫が間違えやすい場所を作らなければ、すんなりとトイレ箱に排泄をすることを覚えてくれるでしょう。

猫はニオイをコミュニケーションに使う動物です。よく、子猫にトイレをしつけようとして、子猫自身の排泄物や子猫のニオイをトイレにつける方法を取ることがありますが、これは逆効果です。また人間用の洗剤や芳香剤のニオイは猫には強すぎます。そのニオイが原因でトイレを使いたがらなくなることもあります。トイレを掃除、洗浄する際は、お湯でしっかり洗うだけで十分です。

爪とぎも、猫の習性に従います。猫は爪が引っ掛かりやすい素材で爪とぎをします。あなたが準備した爪とぎ器で爪とぎをするようになるまでは、大切な家具や場所にはカバーをして覆っておくと良いでしょう。準備する爪とぎは体重をかけて爪をとげるもの、そして爪がひっかかりやすい素材を選ぶようにしましょう。マタタビなど、猫を引き寄せるものを爪とぎ器につけると、爪とぎ器がより魅力的になり、スムーズに使い始めてくれるでしょう。

子猫のしつけ方について :
「してはいけないこと」をさせない工夫

子猫は何がいけないことなのかがわかりません、何が良いことか(飼い主は何をしてほしいと思っているか)も知る由もありません。当たり前のことをしているのに叱られたり、罰を与えられたら、子猫はどう思うでしょうか? また猫はとても繊細な動物。一度コワイという気持ちになってしまうと、回復するのにとても時間がかかってしまうことも多いのです。まずは、「してはいけないこと」を叱るより、「してはいけないこと」をしないように対処することが大切です。

イタズラされそうなものは片付けること、そして飛び乗られて困る場所は飛び乗れないように工夫しましょう。また飛び乗ってもかまわない場所にはフードやベッドを置いておくことで、飛び乗る機会を多くしてあげましょう。子猫が良い行動をしたときには褒めてあげたり、促すようにしてあげることが有効です。

褒められた行動を子猫はちゃんと覚えています。「褒められたい」からその行動を取るようになり、それが習慣となっていきます。褒められることが増えていけば、自然に叱られる行動は減ってくるものです。

監修 : 水越美奈 - 日本獣医生命科学大学獣医学部

ページの先頭へ