ヒルズのプリスクリプション・ダイエット™(特別療法食) <猫用> メタボリックス™ + ユリナリー ドライ

取り扱い先を検索

  必ず獣医師の指導のもとに給与してください。

今やペットの約半数が肥満であると言われています。ほんの少し体重が増えるだけでも、ペットと家族が遊ぶ時間が減少してしまったり、尿石の発生など下部尿路を損なう確率が上がったりすることで、生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)が下がってしまうと言われています。

そんなペットのために、ヒルズの栄養学者と獣医師が開発したのが、体重管理と猫下部尿路の管理が同時にできる特別療法食 プリスクリプション・ダイエット™ 〈猫用〉 メタボリックス™ プラス ユリナリーです。この製品は、脂肪酸の調整などにより、下部尿路疾患で最も多い特発性膀胱炎発症時の89%のケアに役立つことと、独自の原材料と低カロリーで、60日間で11%の減量に役立つことの両方が科学的に証明された栄養です。

製品サイズ:500g / 2kg

もっと見る

製品

  • 製品の特長:

    • 独自の原材料を使った栄養組成
    • マグネシウム、カルシウム、リンの量を調整
    • 野菜由来の食物繊維を配合

    ペットにとってのメリット:

    • 愛猫本来の健康的な代謝をサポートします。
    • ストルバイト尿石時の管理に最短7日間(平均27日間)で役立ちます。
    • ペットに十分な食事量を与えながら、体重管理を続けることができます。

    その他の情報:

    ヒルズは、製品の酸化防止に自然派成分を使用しています。

    原産国名:オランダ


  • 最適な体重を維持するために、与える分量を調整しましょう。

    • この食事量は開始時の目安です。愛猫が適正な体重を維持できるように、必要に応じて量を調節してください。詳しくは獣医師にお問い合わせください。
    • 獣医師の許可があれば、徐々に今までの食事を減らしながら新しい食事を増やして7日間ほどで切り替えます。
    • 常に新鮮な水を飲めるようにしておいてください。
    • 獣医師の指導のもとに給与してください。

    体重管理 + 下部尿路ケア

    目標体重 体重減量用 / カップ 体重維持用 / カップ 
    2 kg 28 g / 0.4 41 g / 0.6
    3 kg 37 g / 0.5 56 g / 0.7
    4 kg 46 g / 0.6 70 g / 0.9
    5 kg 55 g / 0.7 82 g / 1.1
    6 kg 63 g / 0.8 94 g / 1.3
    7 kg 71 g / 0.9 106 g / 1.4
    代謝エネルギー100gあたり341kcal、200㏄カップは約75gです    

  • 原材料を徹底的に吟味し、高品質なたんぱく質を使用しています。

    トリ肉(チキン、ターキー)、コーングルテン、コーンスターチ、セルロース、米、トマト、亜麻仁、ココナッツ油、植物性油脂、ポークエキス、魚油、ニンジン、小麦、アミノ酸類(スレオニン、タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジン)、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

  • 臨床的に証明された栄養バランスで、ペットの長く健康な一生をサポートします。

    3411 kcal/kg (300 kcal/cup†)

    成分 乾物量分析値(%)
    たんぱく質 38.9
    脂質 13.7
    粗繊維 10.8
    炭水化物(NFE) 31.0
    カルシウム 0.80
    ナトリウム 0.34
    カリウム 0.79
    マグネシウム 0.074
    タウリン 0.26
    カルニチン 558.5 ppm
    ビタミンE 851 IU/kg
    DHA 0.147
    オメガ‐3脂肪酸 1.41
    オメガ‐6脂肪酸 3.28
    コンドロイチン 906 ppm
    グルコサミン 869 ppm
    ベータカロテン 5.63 ppm
    ビタミンA 7895 IU/kg
    ビタミンD 819 IU/kg

    参照

    乾物量分析値は、乾燥状態で計算したものです。製品の水分含量による違いを除外して栄養成分を比較できます。

プリスクリプション・ダイエット

革新的な栄養学でペットの未来が変わります

もっと見る