はじめて一緒に猫と暮らす  

最初の1ヶ月

Your Cat's First Month at Home

家にきて数日間もすれば、猫は、新しい環境に慣れ始めます。猫と長く幸せな生活を過ごすための準備やケアについて、考え始めるのに最適なタイミングです。最初のスタートとして考える基本事項を説明します。

快適な睡眠のために。

猫は一日に最大18時間も眠るので、快適な睡眠環境を準備することが大切です。
ベッドは、柔らかく、洗える素材を選び、バスケットや小さな箱、部屋の隅っこで快適な場所や、ご自宅の中でも特に日の当たる場所に置いてあげましょう。


猫と一緒に寝るときには、注意が必要です。

深夜の活発な行動であなたが眠れない場合には、愛猫を優しく床におろしてあげましょう。関心をみせ、相手をしてしまうとまた何度も起こされることになってしまいます。


おもちゃ。

猫用のおもちゃは、多種多様なものがペット専門店に揃っています。具体的なお勧めを聞いてみましょう。


移動中も、安全に。

移動の際は、猫用キャリー・バッグが最も安全かつ快適な手段です。出かける前に、キャリーの中におもちゃを入れたり、お昼寝の場所にしたりして、キャリーそのものに猫を馴らしてあげてください。


まいごタグ(IDタグ)

愛猫の首輪にIDタグをつけましょう。猫の首輪は、多少動くほどの余裕が必要ですが、頭からすっぽり抜けてしまってはいけません。愛猫の首と首輪の間に、指2本ほどの隙間を残すようにしましょう。


トイレのルール

猫が1頭の場合でもトイレは2個用意し、各階に1つのトイレを設置しましょう。多頭飼いのお宅の場合には、猫の頭数プラス1個のトイレが必要です。トイレそのものの大きさは、猫の身体の長さに対して少なくとも1.5倍が理想です。また、いったん設置した後には、違う場所に移動すべきではありません。トイレカバーなどを好まない猫もいるということにご注意ください。
トイレは人やペットに邪魔されにくく、かつ見つけやすい静かな場所に置きましょう。同じ部屋に置くのではなく、それぞれ別の場所に設置するとよいでしょう。
細かい固まる素材の砂を入れましょう。通常、粘土や固まる砂が好まれるものの、一部の猫は、他の素材を好むことがあります。もし、粘土や固まる砂のトイレを使用しないようであれば、気に入るものが見つかるまで、色んな素材を試してみましょう。
最低1日1回は排泄物を始末し、1週間に一回は砂を完全に入れ替えましょう。猫はキレイな状態のトイレを使用することを好みます。
猫がトイレを使用している際には、触ったり邪魔をしたりしてはいけません。
トイレの外で用を足したり、通常より長い間ボックスの上に居たり、トイレで鳴いたりする場合には、病気が原因であることもあり得るので、かかりつけの動物病院で相談しましょう。


引用元: Hill's Pet Nutrition "The Guide for Lifelong Health" ©2008