犬は生物学的に進化しているのでしょうか。

犬が狼から進化したというのは科学的な事実です。およそ3万年の間に両者の間の事情が変わりました。人間と同様、ペットも長い時間をかけて進化しました。そして動物の生態に関する科学的研究が示しているように、消化機能も長い時間ととも進化したのです。

犬の生態に変化が生じたのは、犬と人間の関係性の変遷が、理由のひとつとして挙げられます。犬が家畜化される過程で、犬の遺伝的構成は祖先である狼から変化しました。その結果、全粒穀物や炭水化物が豊富な原料を含んだ、バランスの取れたさまざまなフードを摂取して生活できるようになったのです。

肉に対する犬の本能的な欲求を測定することは不可能です。しかし、フードを自由に選べる場合、犬は高タンパク質ではなく高脂肪のものを選ぶことが、研究から示されています。

ペットには狼のようなフードが適しているという意見は、分かりやすいかもしれません。しかしこの食事方法では厄介な問題が起こることもあります。

  • 犬がタンパク質摂取過多になる可能性があります
  • 生の食物は、ペットと飼い主ともに、食中毒の危険に晒します
  • 多くの食肉成分はミネラルを過剰に含んでおり、大量のミネラル摂取は健康に害を及ぼします

ヒルズは、栄養学を十分に理解することが重要だと信じています。ですから、犬の鋭い歯や狼との遺伝的関係には惑わされません。ヒルズの栄養学者と食品科学の専門家は、犬が何を消化でき、最適な栄養素は何を消化すれば得られるのかを理解するため、熱心に取り組んでいます。

最適な栄養を愛犬に確実に与えるには、どうすれば良いのでしょうか。

  • ペットが現在必要としている栄養を考慮した、バランスの良い、信頼できるペットフードを探す
  • 消化しやすい良質なタンパク質源を探す
  1. Meyer H, Kienzle E. Dietary protein and carbohydrates: Relationship to clinical disease. In: Proceedings. Purina International Nutrition Symposium, Orlando, FL, 1991: 13-26.