日本

製品情報

はじめての子猫

ペットとして飼うならした方が良い 手術は確かに可哀想かもしれませんが、発情を迎えているのに恋愛相手を見つけることもできず、ただ我慢していることも大きなストレスになることも考えてあげましょう。メス猫は春と秋に発情を迎えますが、交尾をしないかぎりその発情は季節が終わるまで何度もくりかえします。発情中のメス猫は夜中に大きな声で泣き続け、近隣の迷惑になりますし、その泣き声に刺激されたオス猫はオス猫同士でメスをめぐるケンカをしたり、マーキングがひどくなることがあります。普段は外に出たがらない猫もその時期だけは外に出たがります。外に出れば、交通事故やケンカによる怪我、猫エイズなどのウイルス感染などの危険があります。避妊手術は発情期のストレスや予想外の妊娠を回避できる他、子宮の病気などにかかりにくくなります。一方去勢手術は、マーキングの緩和の他、精巣の病気を防ぐことができます。麻酔に危険性を伴わない健康な猫であるならば、去勢・避妊するという選択肢を常に持つことは大切です。

  • 設問へ戻る