日本

製品情報

はじめての子猫

直接手を使って遊ばない 子猫は興奮をすれば、口を使ったり、手を使うのは正常なことです。しかしその対象が人になってしまった場合、問題行動になってしまいます。子猫と遊ぶ時には直接手をつかったり、身体をつかったりして遊ぶことは避けましょう。遊んでいるときにはたとえ甘噛みであっても人を咬むことが許されていたり、何か要求を通すときには咬めばいいと学んだ子猫は、人の手を咬んだり、かじったりするようになりがちです。子猫と遊ぶ時には必ず猫じゃらしや釣りざおタイプのおもちゃを使い、おもちゃにそのエネルギーを向けさせるようにしましょう。猫は犬よりも繊細で神経質なところがあります。叱ったり、叩いたりすると、その相手に対して不安を強く感じ、あなたを見ると逃げるようになるなど、良い関係を結ぶことができなくなります。攻撃性を導きだして、さらに凶暴になってしまうかもしれません。猫に対しては叱ったり、叩いたりすることは全くの解決策になりえません。

  • 設問へ戻る
  • 次の問題へ