日本

製品情報

はじめての子猫

譲渡時間帯は午前を選ぶとよい 子猫を連れ帰る際には、キャリーバッグに、それまで使用していたタオルや毛布など子猫の匂いがついたものを一緒に入れておくと安心します。あらかじめタオルを預けておき、匂いをつけてもらうのも良いでしょう。
なるべく午前中に子猫を譲渡してもらうことで夜までの間にゆっくり新しい環境を探索する時間を持つことができ、子猫も早く新しい環境に慣れることができます。なお、親元から譲渡される場合は離乳が完全に終わる2〜3ヶ月の間が最適です。

  • 設問へ戻る
  • 次の問題へ