日本

製品情報

はじめての子犬

家庭犬として飼育するならばしたほうが良い メス犬は、ほぼ1年に2回の頻度で発情期があります。約2週間出血がおこり、その間、発情出血の匂いに誘われたオスが求愛します。普段は嫌がって避けているオスに対しても、その時期のメスは積極的に受け入れるようになるため、予想外の妊娠も起こります。オスには特定の発情期はありませんが、近隣のメスが発情すればそれに伴っていつでも発情します。メスの場合は、避妊手術をすることで発情期のストレスや予想外の妊娠を回避でき、乳ガンや子宮の病気などにかかりにくくなります。一方オスは、去勢をすることで精巣や前立腺の病気を防ぐことができます。マーキングなどの性的行動を緩和することができます。また、病気やストレスが緩和されることで、去勢・避妊手術をすると寿命が延びるというデータもあります。麻酔に危険性を伴わない健康な犬であるならば、子供を産む予定が無い家庭犬は去勢・避妊するという選択肢を常に持つことは大切です。

  • 設問へ戻る