日本

製品情報

はじめての子犬

かじっていいものをかじっているときにほめる 子犬はかじることがお仕事です。しかし何をかじってもいいか、何をかじってはいけないかは初めはわかりません。かじることができるもの、かじると楽しいものはかじってしまいます。私たちは子犬がしてはいけないことをしているときに「ダメ!」と言いたくなるかもしれませんが、これでは子犬に何をしたら良いのかを教えることはできません。
子犬にまず教えたいことは、「何をすればいいいか」ということ。かじられては困るものは片づけて、かじって良いおもちゃを子犬に与え、そのおもちゃをかじっているときに褒めるようにします。かじって良いおもちゃは飲み込めないようなものを選びましょう。かじるきっかけを作るために、おもちゃをドッグフードの袋に半日漬け込んでおくのも有効です。家具など片づけられないものは苦い味のするしつけ用のスプレーをあらかじめかけておくのもよいでしょう。「ダメ!」を教えるのはまず「何をしていいか」を教えてから。そうしないと子犬はいつまでたっても何で叱られたかを理解することができません。

  • 設問へ戻る
  • 次の問題へ