日本

製品情報

おやつの与え方

おやつの与え方

おやつは愛犬とのコミュニケーションやご褒美として広く利用されています。しかしながら、おやつばかり与えて、主食のフードを食べないのは困りものです。また肥満にさせないためにも、おやつの与え方には工夫が必要です。
おやつには、なるべく栄養バランスの良いものを選びましょう。また人間用の食品は塩分が高かったり、糖分が多かったりするので犬用のおやつには、あまり適しているとは言えません。

▼ヒト用の食品の塩分濃度

おやつの量は1日に必要なカロリーの20%以内に抑えるようにしましょう。またおやつを与えた分だけ、主食の量を減らさないと、カロリーの摂り過ぎとなるので注意が必要です。
おやつやご褒美は、ごく少量を与えるだけでも、愛犬とは十分なコミュニケーションが取れるはずです。よって、おやつだけで満腹にさせ、主食がおろそかになることは、正しい食事の習慣を身につける上でも好ましいとはいえません。

▼おやつの与え方
1.栄養バランスの良いものを選ぶ
2.おやつの量は主食の2割以内(カロリー)
3.おやつの分だけ主食を減らす
4.人間用の食品は与えない