犬と猫の歯周病のおはなし

歯周病とは

歯周病は、成熟した犬と猫に多くみられる病気です。唾液や食物が歯に蓄積し、細菌が増殖し、歯垢(プラーク)となりそのまま放置されると、歯垢は石灰沈着し、歯石となり、放置しておくと歯肉に炎症を生じさせます(歯肉炎)。炎症の進行とともに、歯肉や歯を支えている組織が破壊され、痛みを感じるようになります(歯周炎)。ひどい場合には、歯が抜け落ちることがあります。歯周病とともに引き起こされる感染症は、心臓や肝臓、腎臓のような重要な臓器に広がってしまうこともあり、注意が必要です。

 

歯周病の要因

不十分な口腔衛生

ペットも人と同じようにデンタルケアが必要です。デンタルケアには、ホームケアと獣医師によるケアがあります。

品種

密集した歯や並び方の悪い歯は小型犬によくみられ、歯周病の要因となります。
猫ではアビシニアンやソマリのような特定の猫種が歯周病にかかりやすいといわれています。

年齢

歯周病は年齢とともによくみられる病気です。3歳に達するまでに、60%の犬と80%の猫がなんらかの歯に関する病気の症状を示すという報告があります。

歯周病の進行とその影響

歯周病は歯肉炎や歯周炎を含みます。歯周炎は歯槽骨にまでおよぶ炎症で、治療が遅れると口腔内の細菌が血液を通じて全身に運ばれてしまいます。歯周病と腎臓、心臓、肝臓などの病気の一部は関連があることがわかっています。歯周病に痛みをともなう場合には、食欲があっても食べられなかったり、痛みによるストレスにより全身の健康状態にも悪影響をおよぼします。炎症によって細くなった顎骨は、骨折を起こしやすくなったり、鼻や目に炎症が波及することもあります。

歯周疾患が悪化していく様子

 
 

こんな症状が出たら要注意

日ごろからペットの行動をチェックして、以下のような症状がみつかったら、早めに動物病院にご相談ください。

  • 息がくさい
  • 唾液が滴り落ちている
  • 歯が抜けている
  • 黄褐色の歯石がたまっている
  • 食べるとき痛がっているようだ
  • 歯ぐきから血が出ている
  • 行動に元気がない・沈んでいる・老け込んだ気がする
  • 口を足でかいている
  • 噛み方や食べ方がいつもとちがう
  • 食欲がない・食べたがらなくなった

ホームケア

  • 定期的にペットの歯をブラッシングしましょう
  • 獣医師の指示したフードのみ与えるようにしましょう
  • ペットに硬いものを噛ませないようにしましょうペットの歯が割れてしまう最大の原因です。
  • 新鮮で、清潔な水を与えましょう
  • ※歯垢や歯石を減らすことで、全身の健康にも良い影響をおよぼします。

食事管理のポイント

歯垢がつきにくく、歯石ができにくいフードを与えましょう
歯垢を蓄積させないためには、歯磨きなどで物理的に歯垢を取り除くことが大事です。
食物繊維の特別な構造をもつフード(t/d)を噛むことでも、歯垢をぬぐいとることができます。

 

給与に際しては、必ず獣医師の指示に従ってください。