犬の尿石症のおはなし

犬の尿石症とは

犬の尿石症とは、膀胱や尿道、腎臓に結石ができ、粘膜を刺激し痛みが生じる病気です。場合によって、結石で尿道や尿管がふさがれてしまい、尿が出なくなってしまうこともあります。

 

犬の尿石症の原因

尿路の細菌感染

膀胱炎などの感染(特にウレアーゼ産生菌)により、尿pHがアルカリ性になったり、尿石のもととなるアンモニウムが増加して、ストルバイト尿石が形成されやすくなります。

不適切な食事

ミネラルバランスの不適切な食事により、尿の中にリン酸、アンモニウム、マグネシウム、カルシウムなどが多量に排泄されるとリスクが高まります。

尿pH

尿のpHが偏っていると尿石症を生じやすくなります。

尿量・排尿回数

水分摂取量が少なかったり、排尿を長時間がまんしたりすると尿が濃縮され、尿石ができやすくなります。

犬種

次の犬種で特定の尿石症になりやすい傾向があります。

  • ストルバイト       :ミニチュア・シュナウザー
  • シュウ酸カルシウム  :ミニチュア・シュナウザー、チワワ
  • 尿酸塩          :ダルメシアン、ヨークシャー・テリア
  • シスチン         :ダックスフンド
 

おしっこを薄める秘訣って?

尿石に対しては、水分摂取を充分に行うことがとても重要です。水分摂取が少ないと尿が濃縮され、結晶や尿石ができやすくなるため、できるだけ水を飲ませて尿を薄めることが大切です。日ごろから新鮮な水が飲めるようにしてあげましょう。缶詰フードを利用すればドライフードよりも多くの水分を摂取させることができます。

 

尿石ができるまで

尿石症は、尿路の感染や尿のpHの変化あるいは、膀胱や尿道内に過剰な蛋白質やミネラル、カルシウム、リン、マグネシウムが存在することにより形成されます。

結晶から尿石ができるまで

主な尿石の種類

尿石症には数種類ありますが、犬で多いのはストルバイトとシュウ酸カルシウム、尿酸アンモニウムです。

ストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)

シュウ酸カルシウム

 

こんな症状が出たら要注意

日ごろからペットの行動をチェックして、以下のような症状がみつかったら、早めに動物病院にご相談ください。

  • たびたびトイレに行っている
  • 排尿の際に力んでいたり、時間がかかりすぎる
  • 腹部を触ると嫌がる
  • 食欲がなく、嘔吐する
  • いつもと違う所で排尿する(排尿をがまんできない)
  • 尿に血が混ざっていることがある

ホームケア

  • 獣医師の指示した食事以外は与えないようにしましょう。
  • 新鮮できれいな水を与えましょう。
  • 再発の可能性が高い病気です。気を付けて観察し、異常があればすみやかに獣医師に相談しましょう。

食事管理のポイント

蛋白質やミネラル分が適度に抑えられたフードを与えましょう
蛋白質とマグネシウム、リン、カルシウムなどのミネラル分を制限することにより、尿石の形成を抑えるのに役立ちます。
尿のpHを考慮したフードを与えましょう
ストルバイトでは尿を酸性(pH6.2〜6.4)にすると、結晶が形成されにくく、シュウ酸カルシウムでは尿をアルカリ性(pH7.1〜7.7)にすることで、結晶が形成されにくくなります。
「尿の病気」スペシャルサイト
 

給与に際しては、必ず獣医師の指示に従ってください。