犬と猫の肥満のおはなし

肥満とは

肥満とは「体脂肪率が増加した状態」のことで、理想体重より15%以上重い状態が「肥満」と位置付けられます。
肥満になると多くの病気が引き起こされる可能性が高くなり、日ごろ、症状として現れなくても気づかないうちに健康に影響を与え、糖尿病、骨格系疾患(関節の痛みなど)、心臓血管系疾患(高血圧など)、腫瘍(がんなど)のリスクを高めることが報告されています。

 

 

肥満の要因

過食

高カロリーの食事をたくさん食べるペットは体重増加の傾向があります。

避妊/去勢

体重増加のリスクがあるといわれています。

運動量の減少

運動量が少ないペットは、身体に必要なエネルギー量が減少し、太る傾向があります。

 

年齢

年齢を重ねるにしたがって、ペットの活動量は少なくなり、必要とするエネルギー量も少なくなります。

 

肥満は、結構多い

肥満は犬、猫ともに動物病院で非常に多く見られる疾患です。動物病院に来院する犬のうち、約50%以上が肥満または太り過ぎ、猫では約45%以上が肥満または太り過ぎといわれています。(日本ヒルズ調べ)

 

肥満はカラダに大きな負担をかけます

肥満が進むとさまざまな病気にかかったり、悪化したりする可能性が高くなります。
高齢になると特に危険です。

  • 関節や靱帯の疾患
  • 糖尿病
  • 抵抗力の低下
  • 心臓病
  • 腫瘍(がんなど)
  • 皮膚病 など
 
 

うちの子、体脂肪はどれくらい?

まずはヒルズの「体脂肪インデックス(BFI)」で、あなたのワンちゃん・ネコちゃんの体型チェック!
「うちの子、肥満かも?」と思ったら、動物病院にご相談ください。

体脂肪インデックス(BFI)

体脂肪インデックス(BFI)

こんな症状が出たら要注意

日ごろからペットの行動をチェックして、以下のような症状がみつかったら、早めに動物病院にご相談ください。

  • 1歳時より体重が重い
  • 人間と同じものをよく食べる
  • ペットの正確な体重を知らない
  • 毎日の食事量を決めていない
  • 歩きたがらない
  • 避妊・去勢をしている
  • 「コロコロしてかわいいね」といわれたことがある
  • 段差の昇り降りができなくなった
  • おなかの凹み、腰のくびれがない

ホームケア

  • 決められた食事量を守りましょう
  • おやつはなるべく与えないようにしましょう
  • 適度な運動を行うよう心がけましょう
  • 体重を定期的に記録しましょう
  • 動物病院と相談しながら、減量や適正体重の維持を実行しましょう
  • 減量中は1日の食事量を3〜4回に分けて与えましょう

食事管理のポイント

高繊維で低カロリーのフードを与えましょう
食物繊維の豊富な食事は満腹感を与えつつ脂肪を減らして、摂取カロリーを抑えます。
L-カルニチンを含むフードを与えましょう
L-カルニチンは、エネルギー代謝の適正化をサポートします。
猫には高蛋白質、低炭水化物のフードも選択できます
高蛋白質、低炭水化物の栄養組成は、猫のエネルギー代謝を変化させて減量できることが知られています。

動画 "減量サクセスストーリー"

がんばったペットたちの成功実例集

減量に成功したペットたちの減量への取り組み、減量前後の様子やペットオーナー、指導を担当した獣医師、病院スタッフのインタビューを収録した動画です。

ミニチュア・ピンシャー マイロの場合

  • プリスクリプション・ダイエット体重管理製品のご紹介
  • マイロ(ミニチュア・ピンシャー)の成功実例

動画を見る

 

パンプキンの成功実例

  • パンプキン(猫)の成功実例

動画を見る

 

ラブラドール・レトリーバー サムソンの場合

  • サムソン(ラブラドール・レトリーバー)の成功実例
  • 理想的な体型とは 猫編・犬編

動画を見る

 
ヒルズの減量応援ホームページ
 

給与に際しては、必ず獣医師の指示に従ってください。