日本

製品情報

トピックス

北米ヒルズ自主回収製品は日本ヒルズ製品には該当しません

2007年04月03日

プリスクリプション・ダイエット〈猫用〉m/dドライ製品の北米における自主回収製品は、既に日本ヒルズ・コルゲート(株)が販売したプリスクリプション・ダイエット〈猫用〉m/dドライ製品には該当しませんのでご安心下さい。他のヒルズ・プリスクリプション・ダイエット製品(〈猫用〉m/d缶を含む)ならびにヒルズ・サイエンス・ダイエット製品も引き続き、ご安心してご使用いただけます。

米国ヒルズペットニュートリション社(以下ヒルズ)は、2007年に入ってから、メニュー・フーズ(カナダに本拠をおく大手ペットフード製造業者)に、異物混入した原材料を納品していた同じ原材料供給業者から小麦グルテンを購入し、〈猫用〉m/dドライ製品に使用したことを確認しました。

北米市場では、これまでに〈猫用〉m/dドライ製品に関して、健康被害等の報告は一切受けておりませんが、ペットの健康と福祉に貢献することを最優先する企業としてヒルズは市場から該当の原材料を使用していたプリスクリプション・ダイエット〈猫用〉m/dドライ製品を万全を期して自主回収することを決定いたしました。しかしながら、日本ヒルズが現在販売している〈猫用〉m/dドライ製品には、この期間に製造された製品はございませんのでご安心下さい。

なお、プリスクリプション・ダイエット〈猫用〉m/dドライ製品は、現時点で弊社が販売する製品のなかで、原材料として小麦グルテン(※)を使用した唯一の製品です。
他のヒルズ・プリスクリプション・ダイエット製品(〈猫用〉m/d缶を含む)ならびにヒルズ・サイエンス・ダイエット製品も引き続き、ご安心してご使用いただけます。

※原材料として、小麦グルテンを使用することそのものには全く問題ありません。