ラブラドールレトリバーのしつけ方、育て方

ラブラドールレトリバーのしつけ方、育て方 01 :
ラブラドールのしつけ

ラブラドールレトリバーのしつけ方、育て方

ラブラドールレトリバーは、非常に優しく従順な性格です。けれども反面、とても活発でパワフルでもあります。そうした体力・知力ともに優れている点は、ラブラドールの魅力なのですが、ラブラドールレトリバーの子犬を手に入れたら、盲導犬や警察犬を迎えたような気分になるのは早合点です。体力があるからこそ、基本的なしつけやトレーニングは必要です。その代わり、適切なしつけによって、ラブラドールレトリバーは打てば響くような犬に育ちます。

時折、飼い主を引きずって歩くような、破天荒なラブラドールがいます。人間の社会でみんなが幸せに生きていくためにも、犬に悪気はないけれど、人にとってはしてほしくないことを、一つ一つきちんと教えていかなくてはなりません。

ラブラドールレトリバーのしつけ方、育て方 02 :
スポーツ好きのラブラドール

生来が社交的な性格で、作業意欲も高いラブラドールレトリバーの育て方は、それほど難しくはありません。トイレトレーニングも比較的楽に行うことができます。ただし、若犬ほど遊び好きでやんちゃなので、飼い主がトレーニングをしているのに、本人は遊びのつもりということが少なくありません。
その上で、ルールが存在するスポーツは、ラブラドールのしつけに最適です。飼い主もラブラドールも、お互いに楽しみながら、さまざまなことを学べます。ボール遊びや追いかけっこなど、駆ける遊びを取り入れると、足腰のトレーニングにもなります。中でも、水泳はラブラドールレトリバーにぴったりです。レトリバーは水が大好きなので、水辺の遊びを大変に喜びます。 ただし、関節異常がある場合は、スポーツは控えめにするべきでしょう。

ラブラドールレトリバーのしつけ方、育て方 03 :
レトリーブするラブラドールへ

ラブラドールレトリバーは、何かをくわえることが、本能のように備わっています。くわえることを止めさせるのは、ストレスのもと。それよりも、くわえていいものと悪いものの区別、いつどこでくわえるのか、誰に対してそれを持っていくのか、といったことを教え、トレーニングすれば、立派なレトリバー(回収犬)に育つはずです。

ページの先頭へ