チワワの子犬・成犬・高齢犬と体重

チワワの子犬・成犬・高齢犬と体重 01 :
ミニマムなチワワの子犬

チワワの子犬・成犬・高齢犬と体重

チワワは、世界最小の純血種です。JKC(ジャパンケネルクラブ)はチワワのスタンダードの体重を500g~3kg、理想は体重1~2kgとしています。しかし、実際は体重にバラツキがあり、体重3kg以上のチワワもたくさんいます。これは、もともと極小の犬ではありますが、小型化をめざして人為的に選択繁殖された経緯があるためといえます。

成犬のチワワでさえ極小ですから、チワワの子犬は本当に小さく、誕生時の体重は100g前後しかありません。一般家庭にやって来る生後2~3カ月くらいのチワワの子犬もまだ成長期にあります。子犬の成長スピードはかなり個体差があり、一腹の兄弟犬でも成長の度合いが異なるほど。この頃に、あとどれだけ大きくなるとか、成犬時に体重が何kgになるかを予測するのは難しいでしょう。ブリーダーの犬舎には母犬のチワワがいるはずなので、もし見ることができれば見極めの参考になるでしょう。

チワワの子犬・成犬・高齢犬と体重 02 :
チワワの子犬と高齢犬

チワワの子犬時の注意点としては、適度な運動です。チワワは「抱き犬」と称される典型的な愛玩犬です。しかし華奢だからこそ、骨や筋肉の健やかな発育が大切です。チワワは子犬のときから散歩や遊びをしっかりとこなして、十分に運動させましょう。か弱く見えて案外タフな犬なので、喜んで運動するはずです。

また、高齢犬になると激しい気温差で体調を崩しやすくなります。とくに寒さ対策は万全にし、家の中でもゆったりと落ちついて過ごせる暖かい場所を提供してあげます。

チワワの子犬・成犬・高齢犬と体重 03 :
チワワの食事は健康の要

チワワの食事も重要です。チワワは体が小さい分、健康や寿命における食事の影響が大きいため、質・量ともに最適な食事を用意しましょう。チワワの子犬を家庭に迎え入れるときは、それまで食べていた食事を量、回数とも同じように続け、徐々に新しいフードに切り替えます。また高齢犬のチワワは食事量が落ちないように気を付けましょう。

ドライフード、缶詰フードとも、パピー・アダルト・シニアとライフステージ別に栄養計算されたフードがあり、商品によって給与量が異なります。パッケージ表示に従い、年齢と体重に見合った適量を用意しましょう。例えば、成犬で体重1~2kgの理想体重のチワワが、サイエンス・ダイエット アダルト(小粒)を与える場合、1日約40グラム(200ccカップ0.5杯)の給与量が目安となります。なお、給与量は一定期間の後に再調整が必要です。

パピー 小粒 幼犬・母犬用 総合栄養食情報はこちら
アダルト 小粒 成犬用 総合栄養食情報はこちら
シニア 小粒 高齢犬用 総合栄養食情報はこちら

ページの先頭へ