スコティッシュフォールドの子猫の特徴

スコティッシュフォールドの子猫の特徴 :
折れ耳の愛らしい姿

 スコティッシュフォールドの子猫の特徴

1961年にスコットランドの農場で突然変異として生まれたスージーという名の折れ耳の子猫が、スコティッシュフォールド(Scottish Fold)のルーツ。スージーはさらに折れ耳の子猫を何匹か生んだため、ブリーダーたちが長年努力をして、折れ耳の特徴を固定化し、1978年にようやく一猫種として認定されるに至りました。スコティッシュフォールドは猫種としては、比較的新しい猫といえます。

生まれたての子猫はみんな垂れ耳ですが、スコティッシュフォールドは成長しても耳が立たないので、いつまでも子猫のような愛らしさを持ち続けます。ただ、中には成長するにしたがって耳が立ってしまったり、初めから耳が立っているスコティッシュフォールドの子猫も、実は少なくありません。
なお、スコティッシュフォールドの子猫の折れ耳は、ちょこんと前に垂れている前垂れタイプです。

スコティッシュフォールドの子猫の特徴 :
スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュフォールドの子猫は、顔が丸形で、目もまん丸、頬も丸いふくらみがあって、とてもかわいらしい印象です。体型も、ふっくらと丸みを帯びているセミコビーで、折れ耳や顔つきと相まって、かわいらしい姿となっています。

被毛の色はさまざまですが、やわらかい毛が密生しているのが、スコティッシュフォールドの特徴です。ショートヘアーもロングヘアーもいます。子猫は成長に伴い、とくにロングヘアーではビロードのような毛並みになり、弾力のある手触りを楽しめます。ロングヘアーは、朝夕1日2回ほどブラッシングすることでシルキーな毛並みを維持し、毛玉になるのを防ぐ必要があります。

スコティッシュフォールドの子猫のかわいらしさは、外観だけではありません。温和で愛嬌があり、ほかの猫とも仲良く暮らせる子が多いのも特徴です。おっとりしていて、あまり活発ではないですが、一緒に遊んであげることは必要です。
なお、スコティッシュフォールドの子猫は、関節の異常を遺伝的に持つことがあり、そのような猫は太く短い尾を持つことが多いとされています。長い尾を持つ子猫を求めるようにしましょう。

監修 : 水越美奈 - 日本獣医生命科学大学獣医学部

ページの先頭へ