子猫がかかりやすい病気とは?

子猫がかかりやすい病気とは? :
病気のサインを見逃さない

子猫がかかりやすい病気とは?

体の小さい子猫は、免疫力が低く、病気にかかりやすいものです。また子猫は、週齢が低いほど体力もないので、衰弱するのもあっという間です。子猫自身は、痛みや苦しみをあまり訴えませんから、子猫の健康を守るには、あなたが常日頃、子猫の様子や状態をよく観察して、病気の早期発見に努めることが大切です。

観察ポイントは、目、鼻、口、耳、肛門といった体の部位はもちろん、子猫の動きや表情、毛並みといった全体の印象も重要です。体をなでると嫌がる、ずっと鳴き続ける、不自然な行動を繰り返すといった状態も、子猫の病気のサインといえます。

子猫がかかりやすい病気とは? :
ワクチンで病気を予防する

子猫がかかりやすく、死亡率の高い病気の多くには、予防ワクチンがあります。
子猫に、どのタイミングで何種類のワクチンを接種するのが適切かは、獣医師さんと相談しましょう。保護した場合など、月齢が不確かな子猫もいますが、月齢によってワクチンを打つタイミングが遅すぎる、ということはありません。最近は、ほとんどの動物病院で個々の猫とその飼い主に合わせたワクチネーションプログラムを組んでくれるので、子猫の健康状態や生活環境に応じた予防接種を行うことができます。

中には、すでに病気をもっている場合など、予防ワクチンを打てないケースがあります。そのため、事前の健康チェックは必須です。子猫が家にやってきたら、2~3日のうちに動物病院へ連れて行きましょう。その際は、便をビニール袋やラップに包んで持っていきましょう。ウイルス検査や検便をしてもらい、今後のワクチネーションプログラムを相談しましょう。

子猫がかかりやすい病気とは? :
子猫が気をつけたい病気

ワクチン予防ができない病気で、気をつけたいのは、回虫や条虫などの内部寄生虫です。食欲や排泄に異常が見られたり、お腹が張ったりします。

耳疥癬症、泌尿器系疾患、猫伝染性腹膜炎(FIP)なども、子猫が気をつけたい病気です。とくにFIPは、1歳までの子猫の発症が多く、死亡率も高い怖い病気です。発症するとお腹や胸に水がたまり、下痢を起こすなどして、どんどん痩せてしまいます。

どんな病気でも、子猫の脱水症状は危険です。発熱や下痢、嘔吐などにより、子猫はすぐに脱水症状を起こします。子猫の体を温め、低体温になるのを防ぎ、猫用ミルクなどで水分補給をします。水分を受けつけないときは、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。子猫の脱水症状には、緊急に対応することが大切です。

監修 : 水越美奈 - 日本獣医生命科学大学獣医学部

ページの先頭へ