子猫の睡眠時間について

子猫の睡眠時間について :
子猫の睡眠サイクルとは

子猫の睡眠時間について

子猫を初めて飼った人は、あまりに長い時間子猫が寝るので、具合が悪いのではないかと心配してしまうかもしれません。しかし、猫(ネコ)は「寝子(ネコ)」が語源という説があるほど、睡眠時間の長い動物です。心配には及びません。

動物の睡眠時間は、食生活と大いに関係します。一般に、草食動物は睡眠時間が短く、肉食動物は長いです。肉食動物は、狩りをする時間以外は体力を温存するために長く眠り休息を取るのです。ネコ科の動物は肉食動物なので、子猫の睡眠時間は長くて当然ですし、寝ている時間に成長ホルモンが分泌されることから、成長時にはたくさん眠ることが必要なのです。

授乳中は、ミルクの時間以外はほとんど睡眠時間です。離乳が始まっても1日20時間以上寝る子猫が多いです。成猫でも20時間以上も寝ることも珍しくありませんが、この場合はほとんどがウトウト眠りで、20時間以上熟睡しているわけではありません。

中には、夜中や明け方、活発に走り回る子猫に睡眠を妨げられる方もいるかもしれません。元気いっぱいで困るときは、一人で転がして遊べるオモチャなどを与えてみてください。狩猟本能を刺激された子猫は満足して寝るはずです。一般的に、子猫の睡眠はだんだん飼い主の生活スタイルに合っていきます。

子猫の性格や性別について :
子猫が気持ちいい寝場所

必ずしも飼い主が用意した場所に子猫が寝るとはかぎりません。猫は寝場所の好みが強く、ソファーのど真ん中で開放的に寝る子猫もいれば、カゴの中に収まって寝るのが好きな子猫も、また布団などにすっぽり埋もれる寝方を好む子猫もいます。一般的には床よりも高く、隠れることができる場所を好む傾向にあります。子猫の性格を見極めながら、子猫に寝床を用意してあげるのがよいでしょう。

通常は、ふわふわした暖かい素材で、子猫が丸まって寝られる大きさの縁や囲いがあるスペースが好まれます。市販のベッドもいろいろありますが、成長期の子猫なら、少し大きめのカゴに毛布などを敷いてあげると、子猫の成長に合わせて中身を変えていけばいいので経済的です。

監修 : 水越美奈 - 日本獣医生命科学大学獣医学部

ページの先頭へ